その他有名人

【ささやき 女将】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ささやき 女将」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「ささやき 女将」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ささやき 女将とは

湯木 佐知子(ゆき さちこ、1937年 - )は、株式会社吉兆の役員で、かつて存在し、吉兆グループの一社であった高級料亭船場吉兆の最後の社長。株式会社吉兆の創業者である湯木貞一の三女。甲南大学経済学部卒。

2007年末頃から発覚した船場吉兆による多数の食品偽装疑惑に対しての釈明会見(2007年12月10日)において、長男の湯木喜久郎に対して小声で「ないです(と言いなさい)」「頭が真っ白になった」「責任逃れの発言をしてしまいました」など返答内容を指示し、喜久郎がそのまま発言するという一連の言動がマイクに全て拾われるという記者会見により有名になる。ワイドショーなどではこの記者会見が「腹話術みたいだ」と揶揄された。多くのテレビや雑誌などのメディアは彼女の事を「ささやき女将」と称した。

営業再開前に行われた新経営陣の発表において、船場吉兆の新社長に就任した。前社長の湯木正徳(佐知子の夫であり、創業者湯木貞一の女婿にあたる)や取締役を務めていた息子たちなど、佐知子以外の湯木家の人間は退任している。

しかし、客の食べ残した料理を別の客に使いまわししていたことが判明した影響で、回復の兆しを見せていた客足が再び激減、業績回復・再建の見通しが立たないことから、2008年5月28日、自力での経営再建を断念し、会社を廃業(破産)することを決め、船場吉兆は消滅する事になった。

同年10月29日には佐知子・正徳本人も自己破産の申し立てをした。

参考:Wikipedia

ささやき 女将の名言集

大きい声で

記者の眼を見て

頭が真っ白になったと(言いなさい)

何も知らんと言え

それはない、それはない(と言え)

横で答えに詰まる息子に対して、何とか助けてやりたい一心で言葉が出てしまった

マイクの性能が優れていて、まさかあのような形で丸聞こえになっているなんて夢にも思わなかった

邁進中。出発したばかりで油断したらあきません

なかった、ないよ

ないですー。ないですー

しっかり言わんかい

ちょっと耳が遠いんで聞こえないんですけども…

本来なら退任しないといけませんけども、現状を踏まえた場合、皆様のお許しがいただけるならば、残らせていただいて、なんとか再生させていただきたいと思っています

父に対して申し訳ないという気持ちでいっぱいでございます。『お前はなんてひどいことをしたんや』と言うて叱られると思います

まとめ

今回は「ささやき 女将」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ささやき 女将」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-その他有名人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5