ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル 偉人

【ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルとは

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel, 1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者である。ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、フリードリヒ・シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。18世紀後半から19世紀初頭の時代を生き、領邦分立の状態からナポレオンの侵攻を受けてドイツ統一へと向かい始める転換期を歩んだ。

ヘーゲル哲学は優れた論理性から現代の哲学研究も含め、後世にも多大な影響を与えた。観念論哲学及び弁証法的論理学における業績のほか、近代国家の理論的基礎付けなど政治哲学における業績も有名である。ヘーゲルはドイツ観念論哲学の完成者であり、大陸哲学における近代哲学と現代哲学の分水嶺として位置づけられることも多い。

参考:Wikipedia

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの名言集

合理的なものは現実的であり、現実的なものは合理的である。

限界に気づくということは、すでに限界を超えているということである。

好奇心でも虚栄心でもなく、便宜を考慮したものでもなく、義務や良心でもなく、妥協を許さない抑えられない不幸な渇きが、私たちを真理へと導くのだ。

ミネルバの梟は夕暮になってはじめて飛翔する。

どんな考えも普遍的概念であり、普遍的概念とは考えることの性質である。何かを普遍化するということは、それを考えるということです。

しかし素晴らしいことは、一時的なものと一時的なもののショーの中で、現存する物質と永遠のものを認識することです。

何であるかを理解することは哲学の課題であり、何が理性であるかを理解することである。

個人、国家、摂理の中で欠乏を見出すのは、それらの真の理由や価値を見ることよりも容易である。

心の力はその表現力の大きさだけであり、その深さは拡大して自分自身を失う力の深さだけである。

哲学とは性質上、難解なものであり、群衆のために作られたものでも、群衆のために用意されたものでもない。

人間が神を無の存在と考えることは、一見驚くべきことに違いありません。

心のない哲学と知性のない信仰は、知識と信仰の真の生活を抽象化したものである。

世界に何であるべきかを教えたいという願望について、もう一言だけ。そのような目的のためには、少なくとも哲学はいつも遅すぎます。

インドは、世界の歴史の中で求められる国として特別な勢いを生み出した。

心臓はどこにでもあり、生物の各部位は心臓そのものの特化した力でしかありません。

最初の要素として、神は時間を超越している。

法と義務の両方の「成就」において、道徳的気質は普遍的なものでなくなり、傾倒に対抗し、傾倒は特定的なものでなくなり、法に対抗します。

人はイデアとしての存在を持つために、自分自身に外界的な自由の領域を与えなければならない。

経験と歴史が教えてくれるのは、人々や政府が歴史から何かを学んだり、そこから導き出された原則に基づいて行動したことがないということである。

歴史は幸福の土壌ではない。幸福の時とは、その中の白紙のページである。

次のページへ >

-ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5