マイケル・ジョセフ・ジャクソン 偉人

【マイケル・ジョセフ・ジャクソン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「マイケル・ジョセフ・ジャクソン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「マイケル・ジョセフ・ジャクソン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

マイケル・ジョセフ・ジャクソンとは

マイケル・ジョセフ・ジャクソン(英語: Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 - 2009年6月25日)は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター、ダンサー。史上最も成功したエンターテイナーであり、一般的に「キング・オブ・ポップ」と称されている。

20世紀以降のポピュラー音楽に多大なる影響を与えた人物の一人である。これまでに全世界で3億枚から3億5,000万枚の音楽作品を売り上げており、ビートルズやエルヴィス・プレスリーに次いで史上最も売れた音楽家として名を連ねているほか、これまでに13のグラミー賞(ノミネートは38回)を含む750以上の賞を受賞しており、史上最も多くの賞を受賞したアーティストとしてギネス世界記録に認定されている。

参考:Wikipedia

マイケル・ジョセフ・ジャクソンの名言集

絶望に満ちた世界にあっても、あえて夢を追わなければならない。不信に満ちた世界にあっても、あえて信じなければならない。

生きることは音楽的であること。体内の血が踊り出すところから始まる。すべての生命がリズムを刻んでいる。君は、君の音楽を感じているかい?

僕は読書が大好きだ。もっと多くの人に本を読むようアドバイスしたい。本の中には、まったく新しい世界が広がっているんだよ。旅行に行く余裕がなくても、本を読めば心の中で旅することができる。本の世界では、何でも見たいものをみて、どこでも行きたいところに行ける。

何千人もの観客が見守るステージに立つときでも、僕は自分が勇敢なことをしているなんて思わない。誰かに本当の気持ちを打ち明けるときのほうが、よほど勇気がいるものだよ。

僕は人々を助け、そして愛することを決してやめない。イエスがそうしろと言ったようにね。

どうやって音楽を作っているのかと尋ねられたとき、ただ音楽の中に踏み入るだけだと答えます。それは川の中に足を踏み入れて、流れに身を任すようなもの。川の中のすべての瞬間が、それぞれの歌を持っている。

あなたと私は別物ではない。別だと思うのは、認識という魔法のレンズによる幻想さ。

いいかい、君の感情や振り付けや曲への個人的な考えを押しつけないでくれ。音楽がどうしたがっているのか、音楽に語らせてくれ。

僕は生きてることが幸せさ。僕が僕らしくいられることが幸せなんだ。

僕たちは、傷ついたこの世界を癒さなければならない。今日僕たちが目にする混沌や絶望、無意味な破壊は、人々がお互いや周りの環境から感じる疎外感に起因する。

すべてはゆるすことから始まる。なぜなら、世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから。

生きとし生けるものすべてに神性を見出すとき、誰もが翼を手に入れる。

子供達を見るとき、そこに神様の顔がみえる。だから僕は子供達が大好きなんだ。それこそが僕が見てるものなんだ。

ピーターパンは僕が心の中に持っている特別な象徴なんだ。ピーターパンからイメージするのは若さ、子供時代、大人にならないこととか、魔法とか、空を飛ぶこととか、僕はそういったものが何よりも大切だと感じているんだ。

仕事のことになると、僕は大変な自信家になります。プロジェクトに取り組む時は、それを100%信じています。魂をそこに注ぎこむのです。そのためになら死んでもかまわない。

みんな自分の能力を疑いすぎるのです。自分で自分を疑っていては、最善を尽くすことなんてできないんです。自分が信じなかったとしたら、誰が信じてくれるのでしょう?

愛されていると感じながらこの世に生を受け、同じように感じながらこの世を去るならば、その間に起きることは乗り越えていけるものである。

僕らはみんな幼少期の産物なんだ。

僕はどんなことにも決して満足しない。僕は完璧主義者で、それが僕という人間なんだ。

世界で最高の教育とは、その道を極めた人の働く姿を見ることだ。

次のページへ >

-マイケル・ジョセフ・ジャクソン, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5