スティーヴン・ウィリアム・ホーキング 偉人

【スティーヴン・ウィリアム・ホーキング】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「スティーヴン・ウィリアム・ホーキング」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「スティーヴン・ウィリアム・ホーキング」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

スティーヴン・ウィリアム・ホーキングとは

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング(英: Stephen William Hawking、1942年1月8日 - 2018年3月14日)は、イギリスの理論物理学者である。
大英帝国勲章(CBE)受勲、FRS(王立協会フェロー)、FRA(ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツフェロー)。

一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し、世界的に有名になった。
「車椅子の物理学者」としても知られる。1960年代、学生の頃に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症したとされている。ALSは長い間、発症から5年程度で死に至る病であると考えられていたが、途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上にわたり研究活動を続けた。晩年は意思伝達のためにアイトラッキングによる重度障害者用意思伝達装置を使用し、スピーチや会話はコンピュータプログラムによる合成音声で行っていた 。

参考:Wikipedia

スティーヴン・ウィリアム・ホーキングの名言集

人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。そしてただ、自分の置かれた状況のなかで、最善をつくすべきだ。

理論とは仮説です。それは仮説に過ぎません。

人類の次のミレニアムを生き抜けないかもしれないと心配している。温室効果で地球の大気は熱くなり、灼熱地獄の中で人類は滅びるのではないか。他の惑星を植民地化する努力が必要になりそうだ。

私は神を信じない。私たちの運命はまだ決まっていないのだ。

人生が難しくみえるかもしれない。しかしあなたには常に成し遂げられることがあることを忘れてはいけない。大事なのは諦めないことです。

今の仕事を好きになれないのでは違う仕事に就いても好きになれない。今の仕事に一生懸命になれないのでは違う仕事でも一生懸命になれない。

今の仕事を好きになって一生懸命やったとき次なる道が見えてくるものだ。そもそも天職はなるものじゃない気がついたらなっているものだ。

初めてALSと診断されたとき、私には2年の命しか与えられませんでした。あれから45年、私はすこぶる元気にやっています。

IQを自慢するような人間は、負け犬です。

期待値が「ゼロ」まで下がれば、自分に今あるものすべてに間違いなく感謝の念が湧く。

障害のせいでできないことに目を向けるのではなく、障害があっても上手くできることに集中してください。身体は障害を負っていても、気持ちまで障害者にならないでください。

知識における最大の敵は無知ではなく、知っていると錯覚することだ。

1つ、足元を見下ろすのではなく、いつでも星を見上げること。2つ、仕事をあきらめないこと。仕事は意義と目的を与えてくれるものであり、それがないと人生は空っぽになってしまうから。3つ、幸運にも愛を見つけることができたなら、逃してしまわないよう、その存在を忘れずいること。

神の概念に触れずに宇宙のはじまりを論ずるのは難しい。

私たちの命は短く、宇宙の歴史の中でほんの一瞬にしか過ぎません。

スティーヴン・ホーキングわれわれがすでに手にしている原始的な人工知能は、極めて有用であることが明らかになっている。だが、完全な人工知能の開発は人類の終わりをもたらす可能性がある。

宇宙はなぜ、存在するという面倒なことをするのか。

わたしはこの49年間、死と隣り合わせに生きてきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。やりたいことがまだたくさんあるからね。

宇宙に始まりがある限り、宇宙には創造主がいると想定することができる。

人類は宇宙人とのコンタクトは避けるべきだ。結果として壊滅的な事態になることもあり得るのだから。

次のページへ >

-スティーヴン・ウィリアム・ホーキング, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5