アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ 偉人 未分類

【アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイとは

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway、1899年7月21日 - 1961年7月2日)は、アメリカ合衆国出身の小説家・詩人。イリノイ州オークパーク(現在のシカゴ)に生まれる。
晩年は、事故の後遺症による躁鬱など精神的な病気に悩まされるようになり、執筆活動も次第に滞りがちになっていった。1961年7月2日の早朝、散弾銃による自殺を遂げた(当初は銃の手入れの際に起きた暴発による事故死と報じられたが、後に遺書が発見されたため、自殺と断定された)。

ヘミングウェイによって創作された独特で、シンプルな文体は、冒険的な生活や一般的なイメージとともに、20世紀の文学界と人々のライフスタイルに多大な影響を与えた。ヘミングウェイは、ほとんどの作品を1920年代中期から1950年代中期に書き上げて、1954年にノーベル文学賞を受賞するに至った。

参考:Wikipedia

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイの名言集

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである

とにかく、毎日が新しい日なんだ。

ただ動いているだけでは、行動とは言えない

心の底からやりたいと思わないなら、やめておけ。

我々はいつも恋人を持っている。彼女の名前はノスタルジーだ。

人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

年を重ねると、ヒーローを見つけるのがより難しくなるんです。でも、本当は、年を重ねた時こそ、必要みたいです。

「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。

男はしばしば一人になりたいと思う。女も一人になりたいと思う。そしてその二人が愛し合っているときは、そういう思いを互いに嫉妬するものだ。

何と多くの人が財布の中身を考え、他人の思惑を考え、家庭を考えて、つまらない人生に甘んじてしまうことか。くよくよ考える人間は、はじめから運に見放されており、勇気なんて滑稽にしか思えず、才能があっても活用されずに終わるのだろう。挙げ句のはては、不平不満の虜になるのがオチである。

善とは何か。後味の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ

一人の女しか愛さない男はしばしばもっとも幸福な生活を送るが、死ぬときはもっとも孤独な死に方をする。

女には本当に損な時がある。男に良くしてやって愛していることを見せれば見せるほど、それだけ早く、男は飽きてしまうのだから。

窮境の中でこそ、潔い態度を。

運はいろんな形をして現れる。とすれば、どうしてそれがわかる?

私のねらいは、見たことや感じたことをもっともうまく単純に書くことだ。

氷山の動きの持つ威厳は、それが水面上に8分の1しか出ていないことによるのだ。

私は話を聞くのが好きである。注意深く聞くことで、多くを学んだ。だが、聞こうとしない者は多い。

次のページへ >

-アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ, 偉人, 未分類

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5