ジャンヌ・ダルク 偉人

【ジャンヌ・ダルク】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ジャンヌ・ダルク」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジャンヌ・ダルク」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジャンヌ・ダルクとは

ジャンヌ・ダルク(フランス語: Jeanne d'Arc、古綴:Jehanne Darc、IPA: [ʒan daʁk]、英: Joan of Arc、ユリウス暦1412年ごろ1月6日 - 1431年5月30日)は、15世紀のフランス王国の軍人。
ジャンヌが生まれたのはバル公領の村ドンレミ。1431年5月30日にジャンヌの火刑が執行された。

ジャンヌは現在のフランス東部に、農夫の娘として生まれた。神の啓示を受けたとしてフランス軍に従軍し、イングランドとの百年戦争で重要な戦いに参戦して勝利を収め、のちのフランス王シャルル7世の戴冠に貢献した。ジャンヌが死去して25年後に、ローマ教皇カリストゥス3世の命でジャンヌの復権裁判が行われた結果、ジャンヌの無実と殉教が宣言された。その後ジャンヌは1909年に列福、1920年には列聖され、フランスの守護聖人の一人となっている。

参考:Wikipedia

ジャンヌ・ダルクの名言集

一度だけの人生。それが私たちの持つ人生すべてだ。

私はまったく怖くない…だって、これをするために生まれてきたのだから。

私以外にこの国を救える者はありえません。

行動することです。そうすれば神も行動されます。

私たちが戦うからこそ、神様は勝利を与えて下さる。

掛替えの無い人生、それが人間の持つ全てだ。それを信じて、私は生きていき、私は死んでいく。

私たちは一つの人生しか生きられないし、信じたようにしかそれを生きられない。

わが主の書物には、あなたがたより たくさんのことが書かれているのです。

神様がお言いつけになられたのだから、その通りにしなければならないと思いました。

私がそこにいないのなら神は私をそこに行かせるでしょう。私がそこにいるのなら神は私を居させ続けるでしょう。

子どもたちが言っていたこと、それは真実を言う人々が時折捕まり絞首刑になってしまうと。

神の意志に背くことや罪だとわかっていることをやるのではなく他のことをやって死にたい。

あなたが何者であるかを放棄し、信念を持たずに生きることは、死ぬことよりも悲しい。若くして死ぬことよりも。

勇敢に進みなさい。そうすれば総てはうまくゆくでしょう。

イエス・キリストと教会について、彼らはシンプルに単一のものだと私は理解している。

私の行動を司る神の声を最初に聞いたのは私が13歳と時です。その時はすごく怖かった。

かけがえのない人生、それが人間の持つ全てだ。それを信じて、私は生きていき、私は死んでい

フランスを救いなさい。シャルルをフランスの王にしなさい。

私は神からのお告げを受けました。あなた(シャルル)をフランス国王にします。

全ての戦いは、まず最初に心の中で勝ち負けが決まる。

次のページへ >

-ジャンヌ・ダルク, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5