西暦1900年代の偉人

【アンネ・フランク】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「アンネ・フランク」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アンネ・フランク」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アンネ・フランクとは

アンネ・フランク(アンネリース・マリー・フランク、ドイツ語: Annelies Marie Frank、1929年6月12日 - 1945年3月上旬)は、『アンネの日記』の著者として知られるユダヤ系ドイツ人の少女である。

ドイツ国のフランクフルト・アム・マインに生まれたが、反ユダヤ主義を掲げる国家社会主義ドイツ労働者党の政権掌握後、迫害から逃れるため、一家で故国ドイツを離れてオランダのアムステルダムへ亡命した。第二次世界大戦中、オランダがドイツ軍に占領されると、オランダでもユダヤ人狩りが行われ、一家は、父オットー・フランクの職場があったアムステルダムのプリンセンフラハト通り263番地の隠れ家で潜行生活に入ることを余儀なくされた。ここでの生活は2年間に及び、その間、アンネは隠れ家でのことを日記に書き続けた。日記は60以上の言語に翻訳され、2,500万部を超える世界的ベストセラーになった。

参考:Wikipedia

アンネ・フランクの名言集

希望があるところに人生もある。希望が新しい勇気をもたらし、再び強い気持ちにしてくれる。

怠慢は魅力的に見えるけど、満足感を与えてくれるのは働くこと。

薬を10錠飲むよりも、心から笑った方がずっと効果があるはず。

私は、死んだ後でも、生き続けたい。

苦しいことについては、私は何も考えない。だって、美しいことがまだ残ってるんだから。

誰もが幸福になりたいという目的をもって生きています。生き方はそれぞれ違っても、目的はみんな同じなんです。

辛い現実はあるものの、私は、今でも人間の心は本質的に善であると信じている。

私たちの人生は一人ひとり違うけれど、されど皆同じなのです。

澄みきった良心はひとを強くする。

私が私として生きることを、許して欲しい。

まとめ

今回は「アンネ・フランク」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「アンネ・フランク」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。-

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5