戦国武将

【織田信長】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「織田信長」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「織田信長」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

織田信長とは

織田 信長(おだ のぶなが、天文3年5月12日〈1534年6月23日〉 - 天正10年6月2日〈1582年6月21日〉)は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。三英傑の一人。

織田信長は、織田弾正忠家の当主・織田信秀の子に生まれ、尾張(愛知県西部)の一地方領主としてその生涯を歩み始めた。永禄3年(1560年)、信長は桶狭間の戦いにおいて駿河の戦国大名・今川義元を撃破した。そして、三河の領主・徳川家康(松平元康)と同盟を結ぶ。永禄8年(1565年)、犬山城の織田信清を破ることで尾張の統一を達成した。

参考:Wikipedia

織田信長の名言集

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス

仕事は探してやるものだ自分が創り出すものだ。

与えられた仕事だけをやるのは雑兵だ。

理想を持ち、信念に生きよ。

生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。

戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ。

絶対は絶対にない

組織に貢献してくれるのは優秀な者よりも能力は並の上だが、忠実な者の方だ

人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。

まとめ

今回は「織田信長」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「織田信長」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。-

-戦国武将

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5