上杉謙信 偉人

【上杉謙信】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「上杉謙信」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「上杉謙信」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

上杉謙信とは

上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)は、戦国時代に越後国(現在の新潟県)などを支配した大名。関東管領(1561年 - 1578年)。山内上杉家16代当主。

越後守護・上杉家に仕える越後守護代・長尾為景(三条長尾家)の四男として生まれ、初名は長尾 景虎。
内乱続きであった越後国を統一し、戦や政だけではなく、産業を振興して国を繁栄させた。戦った戦国大名・武将は数多く、武田信玄、北条氏康、織田信長らと合戦を繰り広げた。戦国時代でも屈指の戦上手とされ、その神懸った戦績から後世、軍神や、「越後の龍」などと称された。
謙信は、他国から救援を要請される形での遠征が多く、江戸時代から現代に至るまで私利私欲に拘泥しない「義の武将」というイメージが強い

参考:Wikipedia

上杉謙信の名言集

大事なのは義理の二字である。

死ぬべきに当たってその死をかえりみず、生きる道においてその命を全うし、主人に先立つ、これこそ武士の本意である。

人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。軽率なことは言ってはならぬ。

信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。

自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。

さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。

武士は馬を我が足と思い、弓鎗を左右の手と定め、敵を撃つ刃は己の心と考え、常に武道をたしなむ事が、本意の核心である。

昔時の名将は、暑日に扇をとらず、寒日に衣をかさねず、雨の日に笠を用いずして、士卒への礼とす。

戦場の働きは武士として当然のことだ。

心に物なき時は心広く体泰なり

心に我儘なき時は愛敬失わず

戦場の働きばかりで知行を多く与え、人の長としてはならない。

心に欲なき時は義理を行う

人の落ち目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり。

心に私なき時は疑うことなし

心に驕りなき時は人を教う

我は兵を以て戦ひを決せん。塩を以て敵を屈せしむる事をせじ。

我を毘沙門天と思え

心に貪りなき時は人に諂うことなし

生を必するものは死し、死を必するものは生く。

心に誤りなき時は人を畏れず

次のページへ >

-上杉謙信, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5