偉人 山本五十六

【山本五十六】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「山本五十六」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「山本五十六」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

山本五十六とは

山本 五十六(やまもと いそろく、1884年〈明治17年〉4月4日 - 1943年〈昭和18年〉4月18日)は、日本の海軍軍人。最終階級は元帥海軍大将。第26、27代連合艦隊司令長官。海軍兵学校32期生。前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死(海軍甲事件)。栄典は正三位大勲位功一級。

1884年(明治17年)4月4日、新潟県古志郡長岡本町玉蔵院町(現在の長岡市坂之上町3丁目付近)で、旧越後長岡藩士・高野貞吉の六男として生まれる。1943年(昭和18年)4月18日 - ブーゲンビル島上空で、乗機が撃墜され戦死(海軍甲事件)。

参考:Wikipedia

山本五十六の名言集

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、 ほめてやらねば、人は動かじ。

苦しいこともあるだろう。云い度いこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣き度いこともあるだろう。これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

中才は肩書によって現はれ、大才は肩書を邪魔にし、小才は肩書を汚す

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

男は天下を動かし、女はその男を動かす。

是非やれといわれれば、初めの半年や一年は、ずいぶん暴れてごらんにいれます。しかし二年、三年となっては、全く確信は持てません。

三国同盟ができたのは致し方ないが、かくなった上は、日米戦争の回避に極力ご努力を願いたいと思います。

人は誰でも負い目を持っている。それを克服しようとして進歩するものなのだ。

実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。

百年兵を養うは、ただ平和を守るためである。

昔、今どきの若者は全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ、道で会っても挨拶もしない、いったい日本はどうなるのだ、などと言われたものだ。

日本人として重要な恩は天皇の恩、親の恩、師の恩である

若者が、こうして年を取ったまでだ。だから、実年者は若者が何をしたか、などと言うな。何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。

人は神ではない。

陸軍との争いを避けたいから同盟を結んだというが、内乱では国は滅びない。

戦争では国が滅びる。

内乱を避けるために、戦争に賭けるとは、主客転倒もはなはだしい。

誤りをするというところに人間味がある。

博打をしないような男はろくなものじゃない。

次のページへ >

-偉人, 山本五十六

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5