偉人 坂本龍馬

【坂本龍馬】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「坂本龍馬」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「坂本龍馬」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

坂本龍馬とは

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日〈新暦・1836年1月3日〉 - 慶応3年11月15日〈新暦・1867年12月10日〉)は、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。

土佐藩郷士の家に生まれ、脱藩したあとは志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(のちの海援隊)を結成した。薩長同盟の成立に協力するなど、倒幕および明治維新に関与した。大政奉還成立の1か月後に近江屋事件で中岡慎太郎、山田藤吉らとともに暗殺された。暗殺者は諸説あるが、京都見廻組という説が有力である。1891年(明治24年)4月8日、正四位を追贈される。

参考:Wikipedia

坂本龍馬の名言集

日本を今一度 洗濯いたし申候

我が成す事は我のみぞ知る

知恵や知識が、この時勢に何になるか

ぐずぐずして日を送るは、実に大馬鹿者なり

事は十中八九まで自らこれを行い、残り一、二を他に譲りて功をなさむべし

義理などは夢にも思ふことなかれ 身をしばらるるものなり

いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。

恥といふことを打ち捨てて 世のことは成るべし

人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある

議論に勝っても、人の生き方は変えられぬ

われ、はじめて西郷を見る。

その人物、茫漠としてとらえどころなし。

万事、見にゃわからん

ちょうど大鐘のごとし。

小さく叩けば小さく鳴り。

大きく叩けば大きく鳴る。

時勢に応じて自分を変革しろ

感涙とどめず、遥か江戸の地より拝し、龍馬かならずこの恩に報うべし、と天地神明に誓ふ。

世界の海援隊でもやりますかな

世の既成概念を破るというのが、真の仕事である

業なかばで倒れてもよい

文(ふみ)開く衣の袖は濡れにけり

海より深き君が美心(まごころ)

偏見を持つな

次のページへ >

-偉人, 坂本龍馬

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5