偉人 夏目漱石

【夏目漱石】の名言集|名言まとめドットコム

前後を切断せよ、みだりに過去に執着するなかれ、いたずらに将来に望を属するなかれ、満身の力をこめて現在に働け。

ある人は十銭をもって一円の十分の一と解釈する。ある人は十銭をもって一銭の十倍と解釈する。同じ言葉が人によって高くも低くもなる。

金は大事だ、大事なものが殖えれば寝る間も心配だろう。

のんきと見える人々も、心の底をたたいてみると、どこか悲しい音がする

ナポレオンでもアレキサンダーでも、勝って満足したものは一人もいない。

離れればいくら親しくってもそれきりになる代わりに、いっしょにいさえすれば、たとい敵同士でもどうにかこうにかなるものだ。

つまりそれが人間なんだろう。

自らを尊しと思わぬものは奴隷なり。

自由な書を読み、自由な事を言ひ、自由な事を書かんことを希望いたし喉。

全ての夫婦は新しくなければならぬ。新しい夫婦は美しくなければならぬ。新しく美しき夫婦は幸福でなければならぬ。

鏡は自惚れの醸造器である如く、同時に自慢の消毒器である。

色を見るものは形を見ず、形を見るものは質を見ず。

恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい。

細君の愛を他へ移さないようにするのは、夫の義務である。

四角の世界から常識と名のつく一角を摩滅して、三角のうちに住むのを芸術家と呼んでも良かろう。

自己を捨てて神に走るものは神の奴隷である。

運命は神の考えることだ。人間は人間らしく働けばそれで結構だ。

自分の好きなものは必ずえらい人物になって、きらいなひとはきっと落ちぶれるものと信じている。

私はこの自己本位という言葉を自分の手に握ってから大変強くなりました。彼等何者ぞやと気概が出ました

人間は角があると世の中を転がって行くのが骨が折れて損だよ。

ああ、苦しい、今、死にたくない。

次のページへ >

-偉人, 夏目漱石

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5