ヘレン・アダムス・ケラー 偉人

【ヘレン・アダムス・ケラー】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ヘレン・アダムス・ケラー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ヘレン・アダムス・ケラー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ヘレン・アダムス・ケラーとは

ヘレン・アダムス・ケラー(Helen Adams Keller、1880年6月27日 - 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。視覚と聴覚の重複障害者(盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。

ヘレンは福祉活動のみならず、広範囲な政治的関心を持って活動した女性であった。当時としては先進的な思想を持ち、男女同権論者として婦人参政権、コンドームの使用を主張した。また、人種差別反対論者であり、過酷な若年労働や死刑制度、そして第一次世界大戦の殺戮にも反対した。

参考:Wikipedia

ヘレン・アダムス・ケラーの名言集

私は正義のために戦っている人すべてに共感を覚える。

喜びとは、目的をあたため続け、知性を輝かせ続ける神聖な炎である。

ひとつの幸せのドアが閉じる時、もうひとつのドアが開く。しかし、よく私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気付かない。

ベストを尽くしてみると、あなたの人生にも他人の人生にも思いがけない奇跡が起こるかもしれません。

物事を成し遂げさせるのは希望と自信です。

元気を出しなさい。今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。

幸せとは、視野の広い深遠な知識をもつことです。その知識とは、嘘と真実、低俗なものと高尚なものを見分ける力です。

いく先々で出会うみなさんの思いやりのおかげで、ものごとがいつもうまく進んでいきます。

みんながみんなのために働く、それがほんとうの愛国心。

幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。

安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。

うつむいてはいけない。いつも頭を高くあげていなさい。世の中を真っ正面から見つめなさい。

顔をいつも太陽のほうにむけていて。影なんて見ていることはないわ。

盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです。

目に見えるものは移ろいやすいけれど、目に見えないものは永遠に変わりません。

私たちにとって敵とは、「ためらい」です。自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。

私は素晴らしく尊い仕事をしたいと心から思っている。でも私がやらなければならないのは、ちっぽけな仕事をも素晴らしくて尊い仕事と同じように立派にやり遂げることなのだ。

個性は安らぎや静けさの中で生まれるものではありません。試練や苦しみを経験することでのみ、魂が鍛えられ、洞察力が研ぎ澄まされ、野心が鼓舞され、成功が手に入るのです。

何か素晴らしいことを達成するための努力というものは、決して無駄にならないことを覚えていなさい。

本当の教育は知性と美しさと善良さを組み合わせたものです。そしてこのうち一番大切なものは善良さです。

次のページへ >

-ヘレン・アダムス・ケラー, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5