パブロ・ピカソ 偉人

【パブロ・ピカソ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「パブロ・ピカソ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「パブロ・ピカソ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

パブロ・ピカソとは

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso , 1881年10月25日 - 1973年4月8日)は、スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家。

ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている。

ピカソは作風がめまぐるしく変化した画家として有名であり、それぞれの時期が「◯◯の時代」と呼ばれている。

参考:Wikipedia

パブロ・ピカソの名言集

私は対象を見たままにではなく、私が思うように描くのだ。

人はだれしも絵画を理解しようとする。それならなぜ小鳥の歌を理解しようとしないのだろう。

すべては奇跡だ。例えば、お風呂に入ったとき、あなたがお湯に溶けてしまわないことだって。

絵の玄人なんていうものは、絵描きに対してろくなアドバイスをしない。

アクシデントが起きると、人はそれを変えようとするが、人には変えることが出来ない。アクシデントが人の内面を明らかにするだけだ。

私はいつも自分のできないことをしている。そうすればできるようになるからだ。

人はあらゆる物や人に意味を見出そうとする。これは我々の時代にはびこる病気だ。

画家は、労働者が働くように、勉強しなければならない。

いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ。

コンピューターなんて役に立たない。だって、答を出すだけなんだから。

明日に延ばしてもいいのは、やり残して死んでもかまわないことだけだ。

芸術家を何とお思いか。画家なら目、音楽家なら耳、詩人であれば心に抒情、ボクサーなら筋肉のほかに何も持たない愚か者とでもお思いか。それはとんでもない勘違い。芸術家はそれだけでなく、政治的な存在でもあり、世の中の悲しみ、情熱、あるいは歓びにもつねに関心を抱き、ただその印象に沿って自らを形作っている。

仕事は人間に必要だ。だから人は目覚まし時計を発明した。

若くなるには、時間がかかる。

芸術作品は、部屋を飾るためにあるのではない。敵との闘争における武器なのだ。

すべてのものは、かぎられた量しかない。とくに幸福は。

私は大金を持った貧乏人のように暮らしたい。

他人を模写するのは必要なことである。しかし、自分を模写するのは哀れなものだ。

女の顔はキャンバスだ。毎日女は少しだけ若い自画像をそこに描いている。

ひらめきは、自分で呼び込めるものではない。わたしにできるのは、ひらめきを形にすることだけだ。

次のページへ >

-パブロ・ピカソ, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5