サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン 偉人

【サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

サー・チャールズ・スペンサー・チャップリンとは

サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer "Charlie" Chaplin, KBE、1889年4月16日 - 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサー、作曲家である。 愛称は「チャーリー」。

映画の黎明期において、数々の傑作コメディ映画を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつ。同年代に活躍したコメディアン、バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれる。チャップリンは、ハリウッドにおいて極めてマルチな才能を示した人物であり、徹底した完璧主義で知られていた。その作品は、笑いとユーモアの陰に鋭い社会諷刺、下町に生きる庶民の哀愁や怒り、涙までも描かれている。

参考:Wikipedia

サー・チャールズ・スペンサー・チャップリンの名言集

人に大切なのは、自信を持つことだ。

私が孤児院にいたとき、腹をすかせて街をうろついて食いものをあさっていたときでも、自分では世界一の大役者ぐらいのつもりでいた。つまり勝ち気だったのだ。こいつをなくしてしまったら、人はうち負かされてしまう。

何のために意味なんか求めるんだ?人生は願望だ、意味じゃない。

幸福を手にするための戦いは美しいものです。

死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ。

私は雨の中を歩くのが好きなんだ。そうすれば、誰にも泣いているところを見られなくて済む。

人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。

もともと人間の運、不運などというものは空行く雲と同じで、結局は風次第のものに過ぎない。

必要なのは知識でなく思いやりである。思いやりがなければ残るのは暴力だけである。心に愛を知らぬものだけが憎しみ合うのだ。人生はもっと美しく、もっと素晴らしいはずだ。

このひどい世の中、永遠のものなんてないのさ。我々のトラブルさえね。

最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をするとたちまちのうちに全てを放棄することになる。

いいかい、もし、良いと思ったら、どうやろうかなどと決して心配するな。つまり直感だよ。

完全な愛というものは、もっとも美しい欲求不満だ。なぜならそれは、言葉以上のものだから。

私たちがみんなで、小さな礼儀作法に気をつけたなら、人生はもっと暮らしやすくなる。

思想だけがあって感情がなければ、人間性は失われてしまう。

失敗は重要ではない。自分自身を馬鹿にするのはなかなか勇気がいる。

権力と威厳を持ちすぎる者は、いつでも最後には人々の嘲笑の的となる。

下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。

人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。

一人を殺せば殺人者だが、百万人を殺せば英雄だ。殺人は数によって神聖化させられる。

次のページへ >

-サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5