アリストテレス 偉人

【アリストテレス】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「アリストテレス」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アリストテレス」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アリストテレスとは

アリストテレス(アリストテレース、古希: Ἀριστοτέλης、羅: Aristotelēs、前384年 - 前322年3月7日)は、古代ギリシアの哲学者である。

紀元前384年、トラキア地方のスタゲイロスにて出生。

プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンとともに、しばしば西洋最大の哲学者の一人とされる。知的探求つまり科学的な探求全般を指した当時の哲学を、倫理学、自然科学を始めとした学問として分類し、それらの体系を築いた業績から「万学の祖」とも呼ばれる。特に動物に関する体系的な研究は古代世界では東西に類を見ない。様々な著書を残し、イスラーム哲学や中世スコラ学、さらには近代哲学・論理学に多大な影響を与えた。また、マケドニア王アレクサンドロス3世(通称アレクサンドロス大王)の家庭教師であったことでも知られる。

参考:Wikipedia

アリストテレスの名言集

友人は二番目の自己である。

皆の友達は誰の友達でもない。

偉大な都市を人口の多い都市と混同されるべきではない。

全ての地震と災害は警告だ。この世界には腐敗が多すぎる。

生まれつき全ての人々は知識を望んでいる。

全ての人が、確立されているものではなく正しいものに従うように努めるべきだ。

最高の状態では、人間はあらゆる動物の中で最も気高い。 法と正義から切り離されると、人間は最悪である。

恥じらいは若者に彩りを与えるものであるが、老年にとっては恥辱である。

好機ではなく選択があなたの運命を決定付ける。

尊厳とは名誉を得ることではなく、私たちがそれに値すると意識することにある。

距離は友情を完全に壊すのではなく、その活動のみを壊す。

心を教育することなく精神を教育することは、まったく教育ではない。

平等とは、同じような人々に対して同じ扱いをすることにある。

たとえ人々が何度私を欺こうとしても、どこかに誰か私の信頼に値する人がいることを信じるつもりだ。

法律が作成されたとしても、それらは常に変更されないままであるべきではない。

恐怖とは悪の予知から生じる痛みである。

若い頃に形成された良い習慣は全ての違いを生む。

偉人には、常に元々憂鬱な気質がある。

幸福とは私たち次第である。

良い部下になることができない人は、良いリーダーになることはできない。

次のページへ >

-アリストテレス, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5