邦画

「秒速5センチメートル 」の名言・名場面集|名言まとめドットコム

引用元:秒速5センチメートル : ポスター画像 - 映画.com

今回は人気作品である「秒速5センチメートル」の名言・名セリフをまとめてみました。有名な名言から、こんなセリフあったの?といったものまで数多く紹介します!「秒速5センチメートル」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

「秒速5センチメートル」の名言・名場面集

篠原明里

きっと少しずつ、変わっていくのでしょうね。

篠原明里/秒速5センチメートル

秒速5センチなんだって。桜の花の落ちるスピード、秒速5センチメートル。

篠原明里/秒速5センチメートル

この先も大丈夫だと思う

篠原明里/秒速5センチメートル

来年も一緒に桜見れるといいね

篠原明里/秒速5センチメートル

私も彼も、まだ子供だった。

篠原明里/秒速5センチメートル

まるで雪みたいじゃない?

篠原明里/秒速5センチメートル

春にはそこでも多分、花弁が秒速5センチで地上に降っています。

篠原明里/秒速5センチメートル

遠野貴樹

巨大すぎる人生が、茫漠とした時間が、どうしようもなく、横たわっていた。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

悲しみはそこここに積もる。日に干したシーツにも、洗面所の歯ブラシにも、携帯電話の、履歴にも。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

僕はただ働き続け、気付けば、日々弾力を失っていく心がひたすら辛かった・・・

遠野貴樹/秒速5センチメートル

いったいどれだけの 美しいものや 輝くような気持ち 現実に溢れるそれらを 感じてこなかったんだろう

遠野貴樹/秒速5センチメートル

その瞬間、永遠とか心とか魂とかいうものがどこにあるのか、わかった気がした

遠野貴樹/秒速5センチメートル
引用元:新海誠 〝秒速5センチメートル〟 | あるがままに・・・

次の瞬間、堪らなく悲しくなった

遠野貴樹/秒速5センチメートル

どうか、もう、家に、帰っていてくれればいいのに

遠野貴樹/秒速5センチメートル

窓の外の見たこともないような雪の荒野も、ジワジワと流れていく時間も、痛いような空腹も、僕をますます心細くさせていった。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

たった1分がものすごく長く感じられ、時間ははっきりとした悪意を持って、僕の上をゆっくりと流れていった。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

僕をとらえたその不安は、やがて緩やかに溶けていき、あとには、明里の柔らかな唇だけが残っていた。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

彼女を守れるだけ力が欲しいと、強く思った。

遠野貴樹/秒速5センチメートル
引用元:【秒速5センチメートル】名セリフまとめ | おにぎりまとめ

本当の暗闇の中をただひた向きに、一つの水素原子にさえ滅多に出会うことなく、ただただ深淵にあるはずと信じる世界の秘密に近づきたい一心で。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

出す宛てのないメールを打つ癖が付いたのは、いつからだろう。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

今、振り返れば、きっとあの人も振り返ると、強く感じた

遠野貴樹/秒速5センチメートル
引用元:【秒速5センチメートル】名セリフまとめ | おにぎりまとめ

とにかく前に進みたくて、届かないものに手を触れたくて、それが具体的に何を指すのかも、ほとんど強迫的とも言えるようなその思いが

遠野貴樹/秒速5センチメートル

耳が痛くなるくらい押し当てた受話器越しに、明里が傷つくのが手に取るようにわかった。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

あのキスの前と後とでは、世界の何もかもが変わってしまったような気がしたからだ

遠野貴樹/秒速5センチメートル

きっと不安になり始めていると思う。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

僕よりもずっと大きな不安を抱えているはずの明里に対して、優しい言葉をかけることのできなかった自分が、ひどく、恥ずかしかった。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

迷ってばかりなんだ

遠野貴樹/秒速5センチメートル

明里のそのぬくもりを、その魂を、どのように扱えばいいのか、どこに持って行けば良いのか、それが僕には分からなかったからだ。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

僕たちはこの先もずっと一緒にいることはできない

遠野貴樹/秒速5センチメートル

かつてあれ程までに真剣で切実だった思いが、きれいに失われている事に僕は気づき、もう限界だと知った時、会社を辞めた。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

それは本当に、想像も絶するくらい孤独な旅であるはずだ。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

僕たちはそうやって、どこまで行くのだろう。

遠野貴樹/秒速5センチメートル

澄田香苗

時々誰かにメールを打っていて、その度に私は、それが私宛のメールだったらいいのにと、どうしても、いつも、思ってしまう。

澄田香苗/秒速5センチメートル

ただやみくもに空に手を伸ばして、あんな大きな塊を打ち上げて。気の遠くなるくらい向こうの何かを見つめて。

澄田香苗/秒速5センチメートル

まだわからないけど、でもいいの。決めたの。ひとつずつ出来る事からやるの。

澄田香苗/秒速5センチメートル

その気になったらどこにだって行けるし、どんなに遠い存在も本当に求めれば繋がれるんだってわかったの。

澄田香苗/秒速5センチメートル
引用元:秒速5センチメートル 名言集

お願いだから、もう、優しくしないで

澄田香苗/秒速5センチメートル

必死に、ただ闇雲に空に手を伸ばして、あんなに大きな塊を打ち上げて、気の遠くなるくらい向こうにある何かを見つめて。

澄田香苗/秒速5センチメートル

私を見てなんていないんだということに、私ははっきりと気づいた

澄田香苗/秒速5センチメートル

私のずっと向こう、もっとずっと遠くの何かを見ている。

澄田香苗/秒速5センチメートル

きっと明日も明後日もその先も、やっぱりどうしようもなく好きなんだと思う

澄田香苗/秒速5センチメートル

きっと叶わない

澄田香苗/秒速5センチメートル

どんなに遠い存在も本当に求めれば繋がれるんだってわかったの

澄田香苗/秒速5センチメートル

私に、犬みたいなしっぽがあったら、きっと嬉しさを隠しきれずにブンブンと振ってしまったと思う。

澄田香苗/秒速5センチメートル

姿を見るたびに、もっと好きになっていてしまって、それが怖くて、毎日が苦しくて、でも会えるたびに幸せで、自分でもどうしようもなかった。

澄田香苗/秒速5センチメートル

遠野君がいる場所に来ると、胸の奥が少し苦しくなる。

澄田香苗/秒速5センチメートル

時速5キロなんだって。

澄田香苗/秒速5センチメートル
引用元:しゅ(@seki_sh)

今日言わなければ、この先もきっと、ずっと言えない。

澄田香苗/秒速5センチメートル

水野理紗

1000回もメールをやり取りして、たぶん心は1センチほどしか近づけませんでした

水野理紗/秒速5センチメートル

遠野貴樹/篠原明里

僕たちはまだ13歳で、 そこは一面の雪に覆われた広い田園で、 人家の明かりはずっと遠くにまばらに見えるだけで、 降り積もる深雪には、私達の歩いてきた足跡しかなかった。そうやって いつかまた、一緒に桜を見ることが出来ると 私も彼も、何の迷いもなく そう思っていた。

遠野貴樹/篠原明里/秒速5センチメートル

まとめ

今回は「秒速5センチメートル」の名言・名セリフを50個ご紹介しました。

お気に入りの名言や名セリフは見る人によって変わります。

「秒速5センチメートル」には、今回ご紹介していないセリフの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言・名セリフを見つけてみてください。

スポンサーリンク

-邦画

© 2021 名言まとめドットコム