海外の政治家

【ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノとは

ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノ(西: José Alberto Mujica Cordano, 1935年5月20日 - )は、ウルグアイの政治家。 2009年11月の大統領選挙に当選し、2010年3月1日より2015年2月末までウルグアイの第40代大統領を務めた。バスク系ウルグアイ人。報酬の大部分を財団に寄付し、月1000ドル強で生活している。「世界一貧しい大統領」と呼ばれた。

反米左派ポピュリストの嫌うマクロ経済安定、財政健全性重視、米国とのFTA(自由貿易協定)を主張した。その他の南米に蔓延する左派ポピュリズムに振り回されなかった。二人の就任後にウルグアイ経済は7%ずつ成長し、1人あたりのGDPが南米最高を記録し、貧困率を下落させ、国民を豊かにした。

参考:Wikipedia

ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノの名言集

貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ

私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです

物は幸せにしてくれない幸せにしてくれるのは生き物なんだ

資産は少ないかもしれないけれど、決してこころまで貧しいわけではない。

大統領官邸に住んで42人の職員を雇うぐらいなら、学校のために経費を使いたいので、住まない

本当に日本人は幸せなのかと疑問である

単に何もしないで不平ばっかり言っているのでは、まったく変わりません。 同志と気持ちををひとつにして一緒に行動しなければいけないと思います。

もし信じられないのならば、信じられるように何か行動するべきです。 悪いことがあって、それを変えたいと思うこと、不満を持つことは良いことです。

「今の日本ではなかなか希望が持てない」という話を聞きました。選挙もしかり、若者の30%ぐらいしか投票に行かないそうですね。皆さんは……人生を信じていないのですね。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ

命よりも高価なものは存在しません

大統領は、多数派が選んでくれたんだから、多数派と同じ生活をしなきゃいけない

人間のもっとも大事なものが生きる時間だとしたら、この消費主義社会はそのもっとも大事なものを奪って行っているのですよ

働いて働いて働いて職場との往復を続けていたらいつの間にか老人になって唯一できたことは請求書を支払うこと若さを奪われてはいけないよ

大統領は職務を遂行する為に選ばれたのであって、国王でもなければ神でもありません。また、全てに精通している部族の呪術師でもありません。ただの公務員です。

人生で最も重要な事は勝つ事ではありません。歩み続けることです

世界を変えられるわけではありませんが、あなた自身は変わることができるんですよ

私は持っているもので贅沢に暮らすことができます

もしも女性を一人においておき、何の手立ても行わず、何の助けも行わないならば、事態は悪くなるであろう。彼女たちの相談に乗り、思いとどまるように働きかけ、彼女たちを援助することによってより良くなる

国を治めるものの生活レベルはその国の平均でなければならない。

次のページへ >

-海外の政治家

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5