偉人 福沢諭吉

【福沢諭吉】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「福沢諭吉」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「福沢諭吉」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

福沢諭吉とは

福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体:福沢 諭吉、天保5年12月12日〈1835年1月10日〉 - 明治34年〈1901年〉2月3日)は、日本の武士(中津藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。

慶應義塾(旧:蘭学塾、現在の慶應義塾大学はじめ系列校)の創設者であり、商法講習所(のちの一橋大学)、神戸商業講習所(のちの神戸商業高校)、北里柴三郎の「伝染病研究所」(現:東京大学医科学研究所)、「土筆ヶ岡養生園」(現:東京大学医科学研究所附属病院)の創設にも尽力した。新聞『時事新報』の創刊者でもある。
ほかに東京学士会院(現:日本学士院)初代会長を務めた。昭和59年(1984年)11月1日発行分から日本銀行券一万円紙幣(D号券、E号券)表面の肖像に採用されている。

参考:Wikipedia

福沢諭吉の名言

行為する者にとって、行為せざる者は最も過酷な批判者である。

世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事をもつことである

自分の考えだけで、他人を評価してはならない。

人に貴賤はないが勉強したかしないかの差は大きい

ひとこと忠告したい。後進の青年諸君。もし他人の仕事に不満だったら、自分でその仕事を試みてみたまえ。

賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとによって出来るものなり

顔色や容貌を、いきいきと明るく見せることは、人間としての基本的なモラルである。なぜなら人の顔色は、家の門口のようなものだからである。

活用なき学問は、無学に等しい。

世の中で一番美しいことは、すべての物に愛情をもつことである

読書は学問の術であり、学問は事業の術である。

かくして、人たるものは、他人の権利の妨げさえしなければ、自由に行動すべきで、他人の利害に関係せぬ以上は、はたからあれこれ口を出されるいわれはない。

学問は米をつきながらも出来るものなり。

学生は小さな安定に満足してはならない。粗衣、粗食、寒暑に耐え、米をまき、薪を割り、それでも学問はできるのである。

私は軽蔑されて侮辱されても、その立腹を他に移して他人を辱めることはどうしてもできない

一家は習慣の学校なり。父母は習慣の教師なり。

親子だというても、親は親、子は子だ。その子の為に節を屈して子に奉公しなければならぬということはない

学問の本趣意は、読書に非ず、精神の働きに在り。

自由と我儘(わがまま)との界は、他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり

自分の悪かったことに気が付いて改めるというのは立派なことだ。

たとえ負けても勝っても、男子は男子なり。勝負をもって人物を評することなかれ

次のページへ >

-偉人, 福沢諭吉

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5