西暦1800年代の偉人

【西郷隆盛】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「西郷隆盛」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「西郷隆盛」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

西郷隆盛とは

西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体:西鄕隆盛、文政10年12月7日〈1828年1月23日〉 - 明治10年〈1877年〉9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)・軍人・政治家。

薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。諱は元服時に隆永(たかなが)のちに武雄・隆盛(たかもり)と名を改めた。元治元年(1864年)の禁門の変以降に活躍し、薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導した。江戸総攻撃を前に勝海舟らとの降伏交渉に当たり、幕府側の降伏条件を受け入れて、総攻撃を中止した(江戸無血開城)。

参考:Wikipedia

西郷隆盛の名言集

人こそが第一の宝であって、自らがそういう立派な人物になろうとする心がけが大事なのだ

過ちを改めるには、自分が間違いを犯したと自覚すれば、それでよい。ただちに一歩を踏み出すことが大事である。

戦の一字を恐れ、政府本来の使命を果たさないのなら、もはや政府ではなくなってしまうだろう。

功績のある人には俸給をあたえて賞し、役職はそれにふさわしい人物にあたえよ。

人に提言するときは、公平かつ誠実でなければならない。公平でなければ、すぐれた人の心をつかむことはできないものだ。

何度も何度もつらく苦しい経験をしてこそ、人の志は初めて堅くなるのだ。

しっかりした内容があってこそ物事は立派に行われるものだ。

物事に取り組む際、自分の思慮の浅さを心配することはない。

物事をなすには上手下手があり、物によってはよくできる人、あまりできない人もある。

急速は事を破り、寧耐は事を成す。

まとめ

今回は「西郷隆盛」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「西郷隆盛」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1800年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5