カテゴリー別で記事を検索

【西郷隆盛】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「西郷隆盛」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「西郷隆盛」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

西郷隆盛とは

西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体:西鄕隆盛、文政10年12月7日〈1828年1月23日〉 – 明治10年〈1877年〉9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)・軍人・政治家。

薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。諱は元服時に隆永(たかなが)のちに武雄・隆盛(たかもり)と名を改めた。元治元年(1864年)の禁門の変以降に活躍し、薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導した。江戸総攻撃を前に勝海舟らとの降伏交渉に当たり、幕府側の降伏条件を受け入れて、総攻撃を中止した(江戸無血開城)。

参考:Wikipedia

西郷隆盛の名言集

命もいらぬ、名もいらぬ、官位も金もいらぬというような人物は処理に困るものである。

政治で特に大切なことは、教育文化を盛んにし、軍備を充実させ、農業を奨励するという三つである。

手に負えないような人物でなければ、困難を共にして、国家の大業を成し遂げることはできない。

人こそが第一の宝であって、自らがそういう立派な人物になろうとする心がけが大事なのだ

過ちを改めるには、自分が間違いを犯したと自覚すれば、それでよい。ただちに一歩を踏み出すことが大事である。

策略は日常的にすることではない。

過ちを犯したことを悔やんで、あれこれと取りつくろおうと心配するのは、何の役にも立たぬことである。

自分を愛する(甘やかす)ことは、最もよくないことである。

はかりごとをめぐらしてやったことは、あとから見る必ず後悔するものである。

修業ができないのも、ことが成就できないのも、過ちを改めることができないのも、自分の功績を誇って驕り高ぶるのも、みな自分を愛することから生ずることである。

人の意表をつくようなことをして、一時的にいい気分に浸るのは、未熟者のすることで、戒めなければならないことだ。

文明というのは、道理にかなったことが広く行われることを褒め称えていう言葉であって、外観の華やかさをいうものではない。

人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、自分の誠を尽くし、人を咎めたりせず、自分の真心が不足していることを認識すべきなのだ。

国が辱めを受けるようなことがあったら、たとえ国が倒れようとも、正道を踏んで道義を尽くすのが政府本来の仕事である。

正論では革命をおこせない。革命をおこすものは僻論である。

過去の功績のご褒美として役職につけるのは、善くないことの第一である。

戦の一字を恐れ、政府本来の使命を果たさないのなら、もはや政府ではなくなってしまうだろう。

功績のある人には俸給をあたえて賞し、役職はそれにふさわしい人物にあたえよ。

人を言いくるめて、陰でこそこそ事を企てる者は、物事を見抜く力のある者から見れば、醜いことこの上もない。

極意は、論語にある「意なし、必なし、固なし、我なし」ということだ。