アニメ・漫画 美味しんぼ

美味しんぼの名言・名セリフ集

今回は人気作品である「美味しんぼ」の名言・名セリフをまとめてみました。有名な名言から、こんなセリフあったの?といったものまで数多く紹介します!みんなが大好きなキャラクターの名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

美味しんぼの名言・名セリフ集

冷やし中華だとっ?!ふざけるなあっ!!

海原雄山(8巻)

では教えてくれ。ポン酢の"ポン"とはなんのことだ。

海原雄山(67巻)

女将を呼べッ!!

海原雄山(1巻)

このあらいを作ったのは誰だあっ!!

海原雄山(4巻)

おまえは才能があるから、美食の真髄を究めることのできる料理人になると見込んでいたのに!!そのおまえが、味覚音痴のアメリカ人の食べるあの忌まわしいハンバーガーを!!

海原雄山(9巻)

美食を芸術の域まで高める条件、それは唯一、人の心を感動させることだ。 そして、人の心を感動させることが出来るのは、人の心だけなのだ。 材料や技術だけでは駄目だっ!!それがわからぬ人間が究極のメニューだなどとぬかしおって、お前には味を語る資格はないっ!!

海原雄山(5巻)

最良の材料と最高の技術の他に何が必要なのだとぬかしおったな!お前は今度もまた大事なことを忘れてしまったのだ!慢心以外でもない!料理は、人の心を感動させてはじめて芸術たり得る。 だが、おまえの今の心がけではどんな料理を作ったところで材料自慢、腕自慢の低俗な見せびらかし料理で終わるだろうっ!

海原雄山(8巻)

ヒラメがシャッキリポンと、舌の上で踊るわ!

栗田ゆう子(31巻)

高価で珍貴な食材を用いた下衆極まる料理もあれば、安価で平凡な食材を使って至高の口福と感動を与えるものもある、ということなのだ

海原雄山(47巻)

人間悲しい時には大声あげて泣くんだよ。そうやって発散しないから悲しみが内にこもって気が晴れずまわりの人間を暗い気持ちにさせてるんだ。誰でも必ずいつかは死ぬ。どうせ死ぬ短い人生なら思い切り生きなけりゃならない。自分が幸せになるために。そして、自分の愛する者を幸せにするために一生懸命生きるんだ。

山岡士郎(85巻)

「生まれつき高貴な猫と、ダメな猫がいる」なんて発想を新聞社の編集局長ともあろう人が持っているなんてがっかりしたわね。

栗田ゆう子(61巻)

お待ちどおさま。レストラン・団の営業開始です。

団社長(32巻)

カレーの真髄はスパイスだ。いかにスパイスと材料を取り合わせるか、それがカレーの真髄だ。ありふれた材料である豚肉を使って、味と香りを重層的に構築してみせる。これこそがカレーの真髄というものだ。

海原雄山(24巻)

客の社会的地位など関係ない。美食倶楽部で客をもてなすのは、その客が誰であろうと、私は真剣勝負なのだ。命にかかわらない真剣勝負はない。

海原雄山(76巻)

かりにもこういう宴に招かれたんだ。まず三組の男女の新しい門出を祝う気持ちを持つのが、人間というものだろう。私もそのつもりで料理を用意した。それを小賢しくも、お手並み拝見とは浅ましい。

海原雄山(62巻)

明日の午後俺に付き合ってもらおう、おまえに本物のスシがどんなものか教えてやるッ。

山岡士郎(1巻)

これでわかったかい、おまえのスシのまずいわけが。おごりたかぶった心で握れば、シャリもガチガチに固まってしまうんだッ!!

山岡士郎(1巻)

どんどん大食いして、地上の物すべてを食い尽くすんだい!

土田康一(30巻)

おヒツおかわり持ってきて。

土田康一(30巻)

これがおヒツ茶漬けよ!

土田康一(30巻)

次のページへ >

-アニメ・漫画, 美味しんぼ

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5