シチュエーション 病んでる時

【病んでる時に見る名言30選】|名言まとめドットコム

今回は「病んでる時に見たい」名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、知られていないが本質を突いている名言まで数多く紹介します!

「病んでる時に見たい」名言30個の中から、何か一つでもあなたの心に響く名言が見つかることを願っています。

病んでる時に見る名言30選

数えきれないほど、悔しい思いをしてきたけれどその度にお袋の「我慢しなさい」って言葉を思い浮かべて、なんとか笑ってきたんです。

手塚治虫 (1928年11月3日/日本の漫画家、アニメーター、医学博士)

大きくても30センチほどのヤマメと、その倍もあるサクラマスが、もともとは同じ魚だということをご存じですか?川での生存競争に敗れたヤマメの一部が、餌を求めて海へと下り、餌が豊富な海を回遊するうちに大型化したのがサクラマスなんだそうです。そのときは負けたように思えても、自分で自分に見切りをつけなければ、人生に「負け」なんてものは存在しません。人と競うのではなく、できることから少しずつ努力を重ね、昨日の自分よりちょっとだけでも成長しようと心がける。そうすれば、いつの間にか、サクラマスのようにグーンと大きくなっているはずですよ。

斎藤茂太 (1916年3月21日/日本の精神科医、随筆家)

束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。逆境があるからこそ、私は走れるのだ。涙があるからこそ、私は前に進めるのだ

マハトマ・ガンディー (1869年10月2日/インドの弁護士、宗教家、政治指導者)

バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。遅れ咲きの茎に輝けるただ一輪、千紫万紅をつぐないて余れり。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (1749年8月28日/ドイツの詩人、小説家、劇作家)

失敗すればやり直せばいい。やり直してダメなら、もう一度工夫し、もう一度やり直せばいい。

松下幸之助 (1894年11月27日/日本の実業家、発明家、パナソニック創業者)

ぐちをこぼしたっていいがな。弱音を吐いたっていいがな。人間だもの。たまには涙をみせたっていいがな。生きているんだもの。

相田みつを (1924年5月20日/日本の詩人、書家)

辛い思いはすべてプラスになる。苦しかったこと、悲しかったことが、いつか必ず花開く時が来る。辛いこと、悲しいことは幸せになるための必要事項。花開き、実を結ぶときに辞めてしまってはいけない。

美輪明宏 (1935年5月15日/日本のシンガーソングライター、俳優、演出家)

人間一人ひとりがもう少し「誇り高く」生きることが大切ではないでしょうか。大きな花、豪華な姿で咲き誇る花を羨み、自らを卑下することなく、「小さきは小さく咲かん」という健気さとプライドを持って生きること。それはまた、他人にもその人なりの、その人にしか咲かせることのできない花を咲かせようとする姿でもあります。

渡辺和子 (1927年2月11日/シスター、ノートルダム清心学園の理事長)

しがみつくことで強くなれると考える者もいる。しかし時には手放すことで強くなれるのだ。

ヘルマン・ヘッセ (1877年7月2日/ドイツの小説家、詩人、ノーベル文学賞受賞)

元気を出しなさい。今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。

ヘレン・ケラー (1880年6月27日/米国の教育家、社会福祉活動家、著作家)

次のページへ >

スポンサーリンク

-シチュエーション, 病んでる時

© 2021 名言まとめドットコム