邦楽グループアーティスト

【SixTONES】2020年デビューの名言・名歌詞集

引用元:SixTONES Official web site

今回は人気グループ「SixTONES」の名言・名歌詞をまとめてみました。聴いたことのある歌詞のフレーズから、こんな名言があったの?といったものまで数多くご紹介します!思わず共感してしまうような名言・名歌詞が見つかることを願っています。

SixTONESの名言集

自分がジャニーズであることに甘えず、むしろ気づかれないくらいに

京本大我

心が折れそうだけど「最初は誰だってそうだ!」と前向きでいます

京本大我

自分で方向性を定めてしまうと可能性が狭くなってしまうから、心が動かされることなら何でもやっていきたい

京本大我

俺たちプライベートや個々の仕事に干渉しない

京本大我

忙しくてみんなバテていても、いったん現場に入ると誰かが笑わせたりとか、慎太郎がゲームを始めたりとか。そういう時、グループってありがたいなって思います

京本大我

僕の原動力は「SixTONES」というグループがあって、メンバーがこの6人だから

高地優吾

人と人をつなげる力、人と人の間のクッション的な存在で痛いなって思う

高地優吾

グループとして長く続けていくにはオレみたいなキャラも必要かなって思ってる

高地優吾

ほんわかしているキャラと立ち位置で、箸休め的に思ってもらえれば

高地優吾

弱っているところは、基本誰にも見せない

高地優吾

個人の頑張りがSixTONESに返ってくる

ジェシー

やっぱり前進まないと何も始まらない

ジェシー

何事にも挑戦だよ

ジェシー

がんばったことはちゃんと伝わるんだなって実感したことも、自信につながったよ

ジェシー

俺にとって歌は特別なもの。音楽がない毎日なんて考えられない

ジェシー

やりたいことだけをやるのが、自分たちらしさだと思ってた

田中樹

停滞期は、自分自身を見つめなおすために必要な時間

田中樹

毎回会場が大きいとか小さいにかかわらず、できることを全部詰め込んでる

田中樹

7年くらいやってるラップ。そこだけは負ける気がしないです

田中樹

夢をかなえるために努力を努力だと思わないこと 努力だと思って歌やギターを練習したらキツいけど、遊びだと思えば永遠にできる

田中樹

次のページへ >

スポンサーリンク

-邦楽グループアーティスト

© 2022 名言まとめドットコム