日本のドラマ

「僕の生きる道 」の名言・名場面集|名言まとめドットコム

引用元:僕の生きる道DVD-BOX(デジパック仕様セット)

今回は人気作品である「僕の生きる道」の名言・名セリフをまとめてみました。有名な名言から、こんなセリフあったの?といったものまで数多く紹介します!「僕の生きる道」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

僕の生きる道の名言・名場面集

中村 秀雄(草彅剛)

そんなことありません。いつもの力を出せば合格できるんですから・・・吉田君。合唱コンクールの本番は明後日です。緊張せずに練習通り歌えるよう挑戦してみましょう。

中村 秀雄(草彅剛)/第11話(最終話)

もう・・・この部屋には戻って来れないんだね・・・

中村 秀雄(草彅剛)/第11話(最終話)

いつ退院できますか?日曜日に合唱コンクールの決勝があるんです。それまでに退院できますか?

中村 秀雄(草彅剛)/第11話(最終話)

みなさん。今まで本当に僕のわがままを聞いてもらってありがとうございました。正直、教師をこんなに続けられるとは思っていませんでした。

中村 秀雄(草彅剛)/第11話(最終話)

起こしちゃいました?みどりさん、僕のこと忘れないで下さいね。

中村 秀雄(草彅剛)/第11話(最終話)

会いに行きますよ。もしどうしても会いたくなったら・・・そうだなあ・・・僕がプロポーズした場所覚えてます?そこに来てください。必ず会いにきますから。

中村 秀雄(草彅剛)/第11話(最終話)
引用元:矢田亜希子の若い頃が可愛い!高校時代から現在までの比較画像まとめ

外出を許可してください・・・今から外出を許可してください。合唱コンクールの決勝に行きたいんです。

中村 秀雄(草彅剛)/第11話(最終話)

このままベッドで大人しくしていれば、少しは長く生きられるかもしれません。でもそれは僕にとって生きたとは言えません。僕は・・・最後まで生きたいんです。生きたい!

中村 秀雄(草彅剛)/第11話(最終話)

僕は余命1年と知った時、それまでの28年間の人生を後悔しました。だから残りの人生は悔いのない人生を生きようと思いました。そして生きました。

中村 秀雄(草彅剛)/第11話(最終話)

こんなことがあった以上、仕事は続けるべきじゃないかもしれません。体はますます悪くなっていくわけです し・・・でもどうしても最後までやりたいんです。

中村 秀雄(草彅剛)/第10話

僕の命が残り少ないのは事実です。変える事のできない運命なんです。でも今僕には迷いや恐れはありません。残りの人生をしっかり生きるだけです。

中村 秀雄(草彅剛)/第10話

死にたくない・・・死にたくないよ・・・

中村 秀雄(草彅剛)/第10話
引用元:「僕の生きる道」見てた人

今日はみなさんに報告したいことがありますので聞いてください。僕、結婚しました。相手は秋本みどり先生です。

中村 秀雄(草彅剛)/第9話

まだ参加してくれる生徒も少ないんだけど、合唱を通じて生徒たちに伝えたいことがあるんですよね。

中村 秀雄(草彅剛)/第9話

僕が言うのもなんですけど、みどり先生はいつか再婚する日が来ると思います。たとえ短い間でも僕はあの家に住まない方がいいんじゃないかって。

中村 秀雄(草彅剛)/第9話

つまり将来を考えて生きることも大切ですけど、その時その時もしっかり生きてほしいんです。高校生である君たちが今歩いている道にしっかり足跡をつけてほしいんです。

中村 秀雄(草彅剛)/第9話

余命1年と宣告された後、僕はそれまでの28年間を後悔しました。僕が歩いてきた道には足跡が何もついていないような気がしたからです。そして残りの1年を悔いなく生きようと決心しました。

中村 秀雄(草彅剛)/第9話

母はゴメンね、ゴメンねと言って何度も僕に謝ってました。多分、変わってやれなくてゴメンという意味なんだけど・・・でも、結婚のことは喜んでくれました。

中村 秀雄(草彅剛)/第8話

僕の人生は病気によって大きく変わりました。でも失うことだけじゃありません。得たものだってあるんです。僕が得た一番大きなものはみどり先生です。

中村 秀雄(草彅剛)/第8話

みどり先生のために言っているんじゃありません。僕が辛いんです。みどり先生に無理をさせているんじゃないかと思うと僕が辛くなるんです。僕が苦しくなるんです。

中村 秀雄(草彅剛)/第7話

みどり先生。ずっと僕のそばにいてくれませんか?僕と結婚してください。

中村 秀雄(草彅剛)/第7話
引用元:僕の生きる道7・8話

あのさ・・・父さんに会ったら伝えておくよ。父さんは母さんに甘えてばかりで、わがままだったけど、母さんはすごく幸せだったって。僕、母さんより先に父さんに会うことになりそうだから・・・

中村 秀雄(草彅剛)/第7話

でもご両親は反対しているんですよね?自分が好きなように生きるには経済的に自立していなきゃいけませんよ。

中村 秀雄(草彅剛)/第5話

歌手になることをチャレンジしなかったら絶対後悔するだろうって。僕は夢が叶うかどうかより後悔するかしないかの方が大切なようが気がするんです。

中村 秀雄(草彅剛)/第5話

でも彼は突然あと一年しか生きられないことを知ったんです。将来のことを考えるのはとても大切なことです。でも将来を考えすぎて今を見失ってはいけないんじゃないでしょうか?

中村 秀雄(草彅剛)/第5話

それは・・・たしかにそうかもしれません。僕はもう明日があると思って生きていくのは止めたんです。

中村 秀雄(草彅剛)/第4話

自分にはやりたいと思っていてもやらなかったことがいっぱいあるって。ですからもうやりたいことを先延ばしにすることはやめようと思いました。僕は今日やろうと思ったことは今日中にやっておきたいんです。

中村 秀雄(草彅剛)/第4話

間違ってやると指導してやるのが僕たち教師の僕たち大人の努めなんじゃないですか?命に関わる大切なことを指導するより進学率を上げる教師の方が正しいとしたら僕は教師を続けるつもりはありません!失礼します。

中村 秀雄(草彅剛)/第4話

僕がみなさんに生物の授業を聞いてもらいたいのは理由があります。それは生物的なことを知ってもらいたいと言うか・・・生命って実にすごいことで・・・その生命現象をちゃんと理解してほしいというか・・・

中村 秀雄(草彅剛)/第3話

そしていつかどちらかが先に旅立つ日が来ると思います。そのときに後悔しないようたくさんの愛で精一杯の愛でお互いを思いやってください。

中村 秀雄(草彅剛)/第3話

僕の余命が一年だからに決まっているじゃないですか。先生、僕間違ってませんよね?

中村 秀雄(草彅剛)/第3話

僕だってやろうと思えばこんなこと出来るんです。でもあえて無難な道を歩いてきたんです。僕は自分の生きてきた道を一度だって後悔した事ないんですから・・・。失礼します。

中村 秀雄(草彅剛)/第1話

金田 勉三(小日向文世)

命は取り止めましたが、胃からの出血はもう止められません。物は食べられませんし、ずっと輸血が必要になります。

金田 勉三(小日向文世)/第11話(最終話)

秋本さん。僕が知る限りでは愛情が深いほど、そして楽しい時間を過ごした人ほど残された後、再び楽しい人生を送ってらっしゃいますよ。お嬢さんを信じてあげて大丈夫なんじゃないですか?

金田 勉三(小日向文世)/第10話

ねえ、こういう言葉知ってる?ある人がこう言っているんだ。たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える。

金田 勉三(小日向文世)/第7話

君が信念を貫いていれば、いつかきっと君に味方してくれる人が現れてくれるよ。その人はある日突然やってくる。一番最初に現れたその人を絶対に逃しちゃ駄目だ。その人は生涯を通じて君の味方になってくれる。

金田 勉三(小日向文世)/第4話

そうだね。君がそう思うのなら間違いなのかもしれない。でも確かなことがひとつだけある。それは君が生きているということ。今生きていることに間違いはない。

金田 勉三(小日向文世)/第1話

太田 麗子(森下愛子)

悲しくなんかはないの。だってもって1年と言われたのに2ヶ月も長く生きられたんだから。

太田 麗子(森下愛子)/第11話(最終話)

結婚だなんて・・・あまりにも素敵で・・・でもやっぱり悲しいし・・・もう嬉しくて悲しくて・・・

太田 麗子(森下愛子)/第8話

中村(秋本)みどり(矢田亜希子)

・・・はい、分かってますから。私はちゃんと生きていきます。でも、どうしても秀雄さんに会いたくなった時、私どうすればいいんだろう?

中村(秋本)みどり(矢田亜希子)/第11話(最終話)

中村先生。結果がどうであろうと生徒達が頑張ったという事実は絶対彼らの財産になるんだからね。

中村(秋本)みどり(矢田亜希子)/第10話

写真が欲しいです。やっぱり私、中村先生と一緒に写った写真が欲しいです。

中村(秋本)みどり(矢田亜希子)/第9話

普通って何よ!病気じゃ普通じゃないって言うの!

中村(秋本)みどり(矢田亜希子)/第8話

生まれて初めて自分の生きる理由を見つけたの。私は今、中村先生と一緒にいるために生きているの。結婚して家族になって彼を支えてそして彼を見送るために生きているの。

中村(秋本)みどり(矢田亜希子)/第8話

私はお父さんお母さんになってもお爺ちゃんお婆ちゃんになってもずっと名前で呼び合っていたいなあって。

中村(秋本)みどり(矢田亜希子)/第3話

古田 進助(浅野和之)

だからといって中村先生に教師を辞めて欲しいとは言えません。命にもしものことが起こるのかもしれないのは我々も同じです。中村先生はたまたま余命が分かっているだけです。

古田 進助(浅野和之)/第10話

赤井 貞夫(菊池均也)

多分、今この瞬間の出来事がいつか過去になってしまうんだっていうことを結婚式の時に思いたくなかったんだと思います。ほら写真って後に残す物ですから。

赤井 貞夫(菊池均也)/第9話

秋本 隆行(大杉漣)

みどりが結婚する時に渡そうと思ってた指輪なんだ。母から子へ代々受け継がれてきた物でね、僕は父親としてどうしてもみどりに渡すことができない。

秋本 隆行(大杉漣)/第8話

中村君の余命を知った途端、結婚に反対したとしても・・・全く娘のことになったらこのざまだよ。明らかに僕は中村君を差別的な目で見ている。立派な教育者だなんてちゃんちゃらおかしいよ。

秋本 隆行(大杉漣)/第8話

杉田 めぐみ (綾瀬はるか)

そんなことは考えてません。絶対なります。もしなれなかったとしてもやるだけのことをやったと思えれば後悔なんてしません!

杉田 めぐみ (綾瀬はるか)/第5話

まとめ

今回は「僕の生きる道」の名言・名セリフを50個ご紹介しました。

お気に入りの名言や名セリフは見る人によって変わります。

「僕の生きる道」には、今回ご紹介していないセリフの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言・名セリフを見つけてみてください。

スポンサーリンク

-日本のドラマ

© 2021 名言まとめドットコム