その他有名人

【岩崎 恭子】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「岩崎 恭子」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「岩崎 恭子」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

岩崎 恭子とは

岩崎 恭子(いわさき きょうこ、1978年7月21日 - )は、静岡県沼津市出身の日本の元競泳選手、指導者。専門種目は平泳ぎ。スポーツコメンテーター、日本オリンピック委員会事業・広報専門委員、日本水泳連盟競泳委員・基礎水泳指導員(水泳インストラクター)。

1992年バルセロナオリンピック200m平泳ぎ金メダリスト。14歳での競泳史上最年少金メダル獲得記録保持者である。

沼津市立第五中学校から日本大学三島高等学校を経て日本大学文理学部心理学科卒業。三姉妹の次女。3歳上の長姉が水泳をしていた影響で、岩崎も5歳から地元のスイミングスクールで水泳を習い始める。
1992年バルセロナオリンピックの出場選手選考会を兼ねた同年4月の日本選手権女子100m・200m平泳ぎの両種目では、姉を破ってともに2位に入り、五輪出場権を獲得する。
1992年のバルセロナオリンピック・競泳平泳ぎ種目では、選手選考会である日本選手権の女子100mと200mを共に制した粕谷恭子が期待の星であり、大会前の同種目世界ランキングで14位に過ぎなかった岩崎は全く注目されていない状況だった。本人も大会前に「決勝に残れればいい方だと思います。」とテレビで語っている。同種目の優勝候補であったアニタ・ノールと持ちタイムが5秒73も離れていたため、本人もまさか自分が金メダルが取れるとは夢にも思わなかったという。

参考:Wikipedia

岩崎 恭子の名言集

練習も2時間やればいいんじゃなくて、自らやる!と気持ちを持って臨まないと、意味はないんですよね。

母は私に「○○しなさい」とは決して言いませんでした。それはすごいことだと思います。「しなさい」と言うほうが、どれだけ楽なんだろう。でもそうではなくて、何かあっても、何も言わずに見守る。だからこそ、自分で考えて、自分で行動して、自分で責任を持てるようになって、強くなれたのではないかと思うんで。

私は水泳指導の際、「この子はここが直るともっとよくなるのになあ」といった具合に、つい弱点を見つけ出し、そこをどう直していくかを考えていました。でも、アメリカのコーチは違うんです。まず先に良いところを見つけ、「あなたはここがいいわね」と褒めるんです。確かにその方が本人もうれしいし、泳ぐのが楽しくなる。おのずと水泳も上達する。なので、今、子供たちに教える際には、必ず褒めることを心がけています。

今まで生きてきた中で一番幸せです

五輪のすごさとか、狙ってうまくいくものじゃないとかわかった。あらためてですが、五輪を重ねるごとに自分はすごいことをしたんだなと思います

27年たって言葉だけでも覚えていてもらえるのはなかなかないこと。本当に大変だったけど、終わってみれば、私にしかできない経験ができてよかったと思う。

互いの信頼関係を築く上でも、まず言葉ありき。感じたことを言葉で表さないことの方が恥ずかしい。

結婚したこと、子どもが生まれたこと、アトランタに出たこと、もちろんバルセロナも。「一番幸せ」と言ったから「幸せ」って考えますね。でも、比べられない。どれも一番。もっともっと「一番幸せ」を増やしたい。それが、前向きに生活することにつながると思うんです。

私は水泳指導の際、「この子はここが直るともっとよくなるのになあ」といった具合に、つい弱点を見つけ出し、そこをどう直していくかを考えていました。でも、アメリカのコーチは違うんです。まず先に良いところを見つけ、「あなたはここがいいわね」と褒めるんです。確かにその方が本人もうれしいし、泳ぐのが楽しくなる。おのずと水泳も上達する。なので、今、子供たちに教える際には、必ず褒めることを心がけています。

なぜ金メダルが取れたのか、自分では分かりません。でもこの1カ月は自分でも練習を頑張ったし、他人より何倍も下手だったスタートとターンもしっかり練習したからだと思います。

私すっごく練習した。これはすごく強く言いたい(笑)

まとめ

今回は「岩崎 恭子」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「岩崎 恭子」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-その他有名人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5