お笑い芸人 芸能人・タレント

【ザ・ドリフターズ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ザ・ドリフターズ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「ザ・ドリフターズ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ザ・ドリフターズとは

ザ・ドリフターズ(英: The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。

1956年にマウンテンボーイズ(1952年 - 1955年)と東京ウエスタンボーイズが合併して結成。クレージーキャッツの後輩。結成当初から4年ほどは音楽バンドとして活動していた。楽曲主体による音楽ネタなどを得意としており、テレビや映画出演が多くなるにつれ、コミックソング、コントやギャグが主体となっていった。

初期のメンバーには、坂本九や小野ヤスシらがいたが脱退した。その時、残ったのはいかりやと加藤と小山、綱木の4人だった。 その後、新生ドリフになってからは、年内に小山、新メンバー石川の脱退、1年後に前述の綱木の脱退こそあったものの、それ以降はメンバーはほぼ固定され、常時5人の構成が取られるようになった。ただし、荒井注の活動休止宣言(実質的な脱退宣言)の際には志村けんが正式見習いとして加入し、一時的に6人構成となった。なお、いかりや没後には新メンバーを加入させず、4人構成となり、志村が他界した2020年3月以降は、加藤・仲本・高木の3人構成となっている。

参考:Wikipedia

ザ・ドリフターズの名言集

志村が70歳になって俺たちに追いついたら70歳のドリフターズをお客さんに見てもらおうって言ってたんです。70歳から違うことできるよなって。コント作って、お客さんに喜んでもらおうって…

ちょっとだけヨ~、あんたも好きね~

志村は死なない、ずっと生きてる

風呂入れよ! 歯みがけよ!

ドリフも順番に逝く歳になったとは思ったけど、一番若い志村が長さんの次になるとは、、、

志村、ひどすぎるぞ、お前。一番若いお前がおれたち差し置いて天国にいっちゃうなんてな…。まだ俺たちと一緒にやらなきゃならないのがたくさんあっただろ。それを勝手に、一人で先に逝っちゃうなんて…お前はバカだよ。

ダメだこりゃ

最初はグー

ドリフターズって言ったら家族みたいもの

カラスなぜ鳴くの?カラスの勝手でしょ?

(いかりやさんの)笑いの作り方っていうのは、すごい勉強になってますよね

志村うしろうしろ

突いて、突いて、押して、押して、払って、払って、最後に斬る。

次いってみよー!

さあ後半まいりましょう、後半しゅっぱ~つ!

夜分ですので、お気をつけてお帰り下さい。また、お目にかかれることを楽しみにしています。

ゴリラのようなたくましい動物に例えられて、非常に光栄。

荒井が抜けたとき、ドリフの笑いの前半は終わったという気がする。

「全員集合」の終盤期において「カトケン」開始は決められた路線のようであった

芸能界で世話になったのだから、芸能界に恩返ししなさい。

次のページへ >

-お笑い芸人, 芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5