海外の政治家

【バラク・フセイン・オバマ2世】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「バラク・フセイン・オバマ2世」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「バラク・フセイン・オバマ2世」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

バラク・フセイン・オバマ2世とは

バラク・フセイン・オバマ2世(Barack Hussein Obama II[、1961年8月4日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士。同国第44代大統領(在任: 2009年1月20日 - 2017年1月20日)。

民主党に所属し、アメリカ本土生まれでなく、アフリカ系アメリカ人・有色人種初の大統領となった。2005年1月3日から2008年11月16日までイリノイ州選出の連邦上院議員、1997年1月8日から2004年11月4日までイリノイ州議会の上院議員を務めた。

オバマ大統領の任期中にアメリカ合衆国の海外での評価は大幅に向上した。彼の大統領職は一般的に好意的に評価されており、歴史家・政治学者・一般市民の間での彼の大統領職に対する評価は、アメリカ合衆国大統領の中で上位に位置している。オバマは2017年1月20日に退任し、現在もワシントンD.C.に居住している。

参考:Wikipedia

バラク・フセイン・オバマ2世の名言集

不可能ことの前でも、この国を愛する人はそれを変えることができる。

予想できないアメリカの物語では、これまで一度も希望がいんちきだったことはない。

たった一声で、ルーム(一座の人々)を変えられる。一声でルームを変えられるのなら、それはシティを変えられる。シティを変えられるのなら、州を変えられる。州を変えられるのなら、国を変えられる。国を変えられるなら、世界を変えられる。

私たちにはできる。

いいことが起こるように行動すれば、世界を希望で満たし、自分自身をも希望で満たすだろう。

薬代が払えず、薬か家賃化を選ばなければならないご老人がいれば、たとえその人が私の親でなくても、私の人生は貧しい。

薬代が払えず、薬か家賃化を選ばなければならないご老人がいれば、たとえその人が私の親でなくても、私の人生は貧しい。

弁護士や正当な手続きも踏まずに、ジョン・アシュクロフトによって検挙されてしまうアラブ系アメリカ人やメキシコ系アメリカ人がいるのなら、それは私の人権を脅かすことだ。

私は政府を使って、他人の宗教的信仰心に口出しをすることに疑問を抱いている。私のように無神論者に対してもだ。

何か間違いをしたと思えば、すぐに謝罪して誠意をもって対応し、失点をすぐに食い止めた。限られた戦いの中で失敗や危機は必ず来るから、その時の対応は非を認め、できるだけ早く直す事。

私たちの全ての子どもたちに、より良い世界を。

私は進化を信じている。科学的調査も、地球温暖化も信じている。私はそれが政治的に正しくても間違っていても、言論の自由をしんじている。

アメリカは、どんな1人の人間によっても動かすことは出来ない。私達の民主主義において、最も強力な単語は「We」だ。

ここまで来るのに、ずいぶん長くかかりました。しかしこの夜、私たちが今日と言うこの日に、この選挙で、この決定的な瞬間に成し遂げたことのおかげで、アメリカに変化がやってきたのです。

今、私達に求められているのは、新たな責任の時代である。

変化は、普通の人が並外れたことをするから起こるのだ。

我々は夢を追ってリスクを冒していく国民です。我々は誰よりもイノベーションが得意で、それが経済を強くしている。

いま教育をどうしていくかと各界のリーダーが決めていくことこそが、今後続く世代を取り巻く世界を形作っていくことになる。

人種差別についてアメリカは多くの悲劇を抱えている。幾多の怒り、苦しみ、誤解が渦巻いている。私達はこれを乗り越えないといけない。

あなたの声が世界を変えるのだ。

次のページへ >

-海外の政治家

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5