カテゴリー別で記事を検索

【サルバドール・ダリ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「サルバドール・ダリ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「サルバドール・ダリ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

サルバドール・ダリとは

サルバドール・ダリ(Salvador Dalí 、初代ダリ・デ・プブル侯爵 Marqués de Dalí de Púbol (es)、1904年5月11日 – 1989年1月23日)は、スペイン・フィゲーラス出身の画家。シュルレアリスムの代表的な作家として知られる。個性的なアーティストとして知られた。

ダリは自分の制作方法を「偏執狂的批判的方法 (Paranoiac Critic)」と称し、写実的描法を用いながら、多重イメージなどを駆使して夢のような風景画を描いた。またバロックを代表する画家ヨハネス・フェルメールを高く評価していた。著書の中で、ほかの画家を採点したとき、フェルメールに最高点をつけている。第二次世界大戦後はカトリックに帰依し、ガラを聖母に見立てた宗教画を連作した。

参考:Wikipedia

サルバドール・ダリの名言集

ミスというのはほとんどいつも神聖な特徴があって、決して修正しようとなんてしてはいけない

「志」のない知恵は、翼のない鳥に等しい

我々は決して悪を選ぶことが出来ない。我々が選ぶのは常に善である

世間が決して飽きない唯一のものは誇張表現だ

あなたは、あなたの一生以外の何ものでもない

富める者が自分のために戦争をする時、死ぬのは貧しき者なのだ

間違いは神聖なもの、それを正すというよりは合理的に考え、誤りを理解せよ。そうすれば間違いを昇華することが可能になる

人生で起こりうる悪いことは二つしかない。パブロ・ピカソになることか、サルバドール・ダリになれないこと

我々は何をするにも、常に自分自身に問わなければならない。もし皆がそうしたら、どんなことになるだろうと

私は天才になるし、世界は私を称賛するだろう。評価されないかもしれないし、理解されないかもしれない。しかし天才になる、偉大な天才にね。なぜなら私はそのことを確信しているからさ

私が生まれるということは不条理である。私が死ぬということも不条理である

インテリというのは真の革命家ではない。暗殺者になるくらいが関の山だ

一人一人の人間が究極の絶対的な自由を持っている

私にとってはテレビは想像できるものしか映らない画面の一種でしかない

眠い人が眠るように、瀕死の人は死を必要としているのです。抵抗が間違いで無駄だという時が、いずれ来ますように

天才になるには天才のふりをすればいい

人生とは自らの道である。一つのことを試みることであり、一つの道を端的に示すことである

すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて

私が生きているのは国王のため、スペインのため、カタロニアのためだ。天才は決して死なない。人類の進化は我々の手中にある。国王、万歳!スペイン、万歳!カタロニア万歳!

何も真似したくないと思う者は、何も生み出さない