偉人 未分類 東郷 平八郎

【東郷 平八郎】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「東郷 平八郎」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「東郷 平八郎」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

東郷 平八郎とは

東郷 平八郎(とうごう へいはちろう、弘化4年12月22日(1848年1月27日) - 昭和9年(1934年)5月30日)は、日本の幕末から昭和時代初めの武士(薩摩藩士)、海軍軍人。最終階級は元帥海軍大将。各地の東郷神社に名を残す。位階は従一位、勲位は大勲位、功級は功一級、爵位は侯爵。

日清戦争では「浪速」艦長として高陞号事件に対処。日露戦争では連合艦隊司令長官として指揮を執り日本海海戦での完勝により国内外で英雄視され、「陸の大山、海の東郷」「アドミラル・トーゴー」「東洋のネルソン」と呼ばれた。

明治時代の日本海軍の指揮官として日清及び日露戦争の勝利に大きく貢献し、日本の国際的地位を「五大国」の一員とするまでに引き上げた一人である。

参考:Wikipedia

東郷 平八郎の名言集

降伏するのであれば、その艦は停止せねばならない。しかるに、敵はいまだ前進している。

兵器に格差があるときには、百発百中の大砲一門だけで、百門をもっているが一発しか当たらない大砲群と互角に戦うことができる。

遇直と笑わるるとも、終局の勝利は必ず誠実な者に帰すべし。

皇国の興廃この一戦に在り、各員一層奮励努力せよ。

神明は、ただ平素の鍛錬に力(つと)め、戦わずして既に勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に、一勝に満足して治平に安ずる者より直ぐに之を奪う。古人曰く、勝て兜の緒を締めよ、と。

「五省」至誠にもとるなかりしか(誠実さを失っていることはなかったか)言行に恥ずるなかりしか(言葉と行動に恥じるところはなかったか)気力に欠くるなかりしか(気力に欠けているところはなかったか)努力に憾みなかりしか(努力に足りないことはなかったか)不精にわたるなかりしか(何をするにもめんどうくさがっていないか)

天は正義に与し、神は至誠に感ず。

わしは、天祐や神助が、必ずあるものと、信じている。ただ、それは、正義あっての天祐、至誠あっての神助だ。

我らが、真に一念、お国の為に、今度の一戦は、勝たねならないと、必死になって、準備しておいたので、天祐もあり、さらには、神助もあり、何も彼も、好都合に運んだわけである。

軍備に制限は加えられても訓練には制限はありますまい。

まとめ

今回は「東郷 平八郎」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「東郷 平八郎」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-偉人, 未分類, 東郷 平八郎

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5