ニコラ・テスラ 偉人

【ニコラ・テスラ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ニコラ・テスラ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ニコラ・テスラ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ニコラ・テスラとは

ニコラ・テスラ(1856年7月10日 - 1943年1月7日)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家である。
1856年7月9日深夜、オーストリア帝国(現在のクロアチア西部)リカ=コルバヴァ県ゴスピッチ近郊の村スミリャン で誕生。
1943年1月7日、マンハッタンのニューヨーカー・ホテルで死去。享年86歳であった。検死の結果死因は冠動脈血栓症とされた。

新型の交流電動機を開発・製作、1891年にはテスラ変圧器(テスラコイル。変圧器の一種だが、きわめて高い電圧を発生させるもので空中放電の(派手な)デモンストレーションの印象で今にいたるまで広く知られているもの)を発明。また回転界磁型の電動機から発電機を作り上げ、1895年にはそれらの発明をナイアガラの滝発電所からの送電に応用し高電圧を発生させ効率の高い電力輸送を実現させた。「天才肌の発明家」である。

参考:Wikipedia

ニコラ・テスラの名言集

私は地球を分断することが出来る

発明家は、情熱的な激しい性格の持ち主だ。女性を愛してしまうと、全身全霊で打ち込み、得られるものは、すべて、与えてしまうだろう。だから、結婚した男に、偉大な発明などできない

エジソンは、1ダース以上の、ノーベル賞に値するよ。夫の世話を生甲斐とする、稀有な女房に恵まれなければ、無趣味と無頓着のために、もっと早死にしていただろうが

天才とは99%の努力を無にする、1%のひらめきのことである

私は実際の作業を、性急に進めるような事はしない。まずは、頭の中で装置を動かし、改良を行っていく。実際に工場で試験を行うのも、思考の上で試すのも、大した違いはないのだ

発明の究極の目的は、自然を人類の必要に役立てながら、物質世界を超える、精神の完全なる支配を得ることである

あまりにも多くのアイディアが、頭を通過したので、ほんのわずかしか捕まえられなかった

直観は、知識を超越する。われわれの脳の中にある、素晴らしい組織に比べれば、論理や計画的な努力は、取るに足らないものになってしまう

現在は彼らのものかもしれないが、未来は私のものだ

人生は、今もそしてこれからも、解くことのできない方程式である。しかし、そこにはある知られた要素が含まれる。その性質を完全に理解せずとも、それは運動であると言えるだろう。この運動は体を意味し、この体は動かされ、抵抗に対して進む力だ

過去の素晴らしい出来事はすべて、笑われ、非難され、闘い、抑圧された。その苦悩から、より力強く、より誇らしいすべてを出現させるために

人は新たな満足感を欲しがるが、すぐに興味を失う。昨日の驚異は、今日の普通のできごとなのだ

多くの人が、外の世界の期待につかり、自分の中で起こっていることを完全に忘れている

人の進行的な発達は、創造性に大きく左右される

あなたの憎しみを、電気に変換してしまいなさい。そうすれば世界全体が明るくなる。

昨日の驚異は、今日の一般的な出来事に過ぎません。

現在は彼らのものかもしれないが、未来は私のものだ。

愛とは与えるものです。

過去を見直してごらんなさい。ほんの小さなことが私たちの運命に大きな影響を与えてきたことに気付くでしょう。

私はエジソンの行う実験の哀れな目撃者のようなものであった。少々の理論や計算だけで彼は労働の90%を削減できただろう。しかし彼は本での学習や数学的な知識を軽視し、自身の発明家としての直感や実践的なアメリカ人的感覚のみを信じていた

次のページへ >

-ニコラ・テスラ, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5