西暦1800年代の偉人

【フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーとは

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(ロシア語: Фёдор Миха́йлович Достое́вский; IPA: [ˈfʲɵdər mʲɪˈxajləvʲɪtɕ dəstɐˈjɛfskʲɪj]、1821年11月11日〔ユリウス暦10月30日〕 - 1881年2月9日〔ユリウス暦1月28日〕)は、ロシアの小説家・思想家である。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。レフ・トルストイ、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪である。

その著作は、当時広まっていた理性万能主義(社会主義)思想に影響を受けた知識階級(インテリ)の暴力的な革命を否定し、キリスト教、ことに正教に基づく魂の救済を訴えているとされる。実存主義の先駆者と評されることもある。反ユダヤ主義者としても知られる。

参考:Wikipedia

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーの名言集

希望を持たずに生きることは、死ぬことに等しい。

人間のできる唯一のことは、自分自身が精神的に成長することです。

人間、人間は哀れみなしには生きていけない。

愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。

苦しむこともまた才能の一つである。

人生で何よりも難しいのは、嘘をつかずに生きることだ。そして、自分自身の嘘を信じないことだ。

自分も生き、他人をも生かすようにする。

人間というものは、不幸の方だけを並べ立てて幸福の方は数えようとしないものなんだ。

新しい一歩を踏み出すこと、新しい言葉を発することは、人々が最も恐れることである。

神が存在しないならば私が神である。

まとめ

今回は「フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1800年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5