西暦1900年代の偉人

【エルネスト・ゲバラ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「エルネスト・ゲバラ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「エルネスト・ゲバラ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

エルネスト・ゲバラとは

エルネスト・ゲバラ(Ernesto Guevara、1928年6月14日 - 1967年10月9日)は、アルゼンチン生まれの政治家、革命家で、キューバのゲリラ指導者。

1965年1月、各国との通商交渉のために外遊を行う。2月27日に独立の過程によりキューバの盟友だったアルジェリアのアルジェで行われた「第二回アジア・アフリカ経済会議」において、ベン・ベラ大統領と共に起草した演説を行い、当時、キューバの最も主要な貿易相手国だったソビエト連邦の外交姿勢を「帝国主義的搾取の共犯者」と非難し、論争を巻き起こした。3月に帰国後、キューバ政府は「ゲバラをキューバ首脳陣から外さなければ物資の援助を削減する」旨の通告をソ連から受ける[要出典]。これを受けて[要出典]カストロにキューバの政治の一線から退くことを伝え、カストロ、父母、子供たちの三者に宛てた手紙を残してキューバを離れた。このことはしばらくカストロの側近以外には知らされず、半年後の10月3日のキューバ共産党大会においてカストロが手紙を読み上げたことで、初めて世人に知られることとなった。

参考:Wikipedia

エルネスト・ゲバラの名言集

私を殺しに来たのだろう。撃て、臆病者め。お前の目の前にいるのはただの男だ

ただ一人の人間の命は、この地球上で一番豊かな人間の全財産よりも100万倍も価値がある。

先のこと?正直いって、自分の骨をどこに埋めることになるかもわからない

これからは良い事をされたら100倍にして返せ!その代わり嫌な事をされたら100分の1にして返せ。

人間はダイヤモンドだ。ダイヤモンドを磨くことができるのはダイヤモンドしかない。人間を磨くにも人間とコミュニケーションをとるしかないんだよ。

未来のために今を耐えるのではなく、未来のために今を楽しく生きるのだ。

ある日の真実が、永遠の真実ではない。

明日死ぬとしたら、生き方が変るのか?あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なのか。

指導者とは、人が自分と同じところまで追いつけるように誘導するものだ。ただ言葉で強いるのでなく、後ろにいる人たちを力づけて、自分のレベルまで引き上げようとするのだ。

人は毎日髪を整えるが、どうして心は整えないのか

まとめ

今回は「エルネスト・ゲバラ」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「エルネスト・ゲバラ」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5