カテゴリー別で記事を検索

【老子】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「老子」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「老子」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

老子とは

老子(ろうし)は、中国春秋時代における哲学者である。(生誕、死没:不明)諸子百家のうちの道家は彼の思想を基礎とするものであり、また、後に生まれた道教は彼を始祖に置く。「老子」の呼び名は「偉大な人物」を意味する尊称と考えられている。道教のほとんどの宗派にて老子は神格として崇拝され、三清の一人である太上老君の神名を持つ。

老子は中国文化の中心を為す人物のひとりで、貴族から平民まで彼の血筋を主張する者は多く李氏の多くが彼の末裔を称する。歴史上、彼は多くの反権威主義的な業績を残したと受け止められている。

参考:Wikipedia

老子の名言

もっとも立派な武器はもっとも大きな悪をなす。知恵深き人は武器に頼ることはしない。彼は平和を尊ぶ。彼は勝っても喜ぶことをしない。

戦勝を喜ぶことは殺人を喜ぶことを意味する。殺人を喜ぶような人は、人生の目的に達することはできない。

本当の親切とは、親切にするなどとは考えもせずに行われるものだ。

困難なことは、それがまだ易しいうちに始めなさい。偉大なことは、それがまだ小さなうちにやりなさい。

世界中の困難な問題も、かつては易しかったに違いない。偉大なことも、かつては取るに足らない小さなことだったに違いない。千里の旅も、第一歩から始まるのだ。

優しい言葉をかければ、信頼が生まれる。相手の身になって考えれば、結びつきが生まれる。相手の身になって与えれば、愛が芽生える。

真言は美ならず、美言は真ならず。

自分の心がしっかりと落ち着いていれば、どんなことがあっても、深い谷のように、流れる水を静かに受け入れることができる。

優しくなりなさい。そうすれば勇敢になれる。つつましくなりなさい。そうすれば広い心を持てる。人の前を行かないようにしなさい。そうすれば人を導く者になれる。

河や海が数知れぬ渓流のそそぐところとなるのは、身を低きに置くからである。同様に賢者は、人の上に立たんと欲すれば、人の下に身を置き、人の前に立たんと欲すれば、人の後ろに身を置く。かくして、賢者は人の上に立てども、人はその重みを感じることなく、人の前に立てども、人の心は傷つくことがない。

誰かを深く愛せば、強さが生まれる。誰かに深く愛されれば、勇気が生まれる。

上善は水の如し。水は善く万物を利して争わず。

泥水も、そのままにしておくときれいな水になる。

現実を現実として、あるがままに受け入れなさい。物事をそれが進みたいように、自然に前に流れさせてやりなさい。

自分を是しいとしないから、きわだって見える。自分でほめないから成功し、誇らないからいつまでももちこたえる。

魚を与えれば、一日食べていける。魚の取りかたを教えれば、一生食べていける。

知る者は言わず。言う者は知らず。

正しい言葉は聞こえがよくなく、聞こえがよい言葉は正しくない。

功成り名遂げて身退くは天の道なり。

賢者は財宝を貯えない。人に与えれば与えるほど、彼の財宝は豊かになる。