カテゴリー別で記事を検索

【ブッダ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ブッダ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ブッダ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ブッダとは

仏陀(ぶつだ、ぶっだ、梵: बुद्ध、Buddha(ブッダ))は、仏(ぶつ)やほとけともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。釈迦牟尼をも意味する。

基本的には仏教を開いた釈迦ただ一人を仏陀とする。初期の経典でも燃燈仏や過去七仏や、弥勒菩薩が未来に成仏することなど過去や未来の仏陀の存在を説いたものもあるが、現在の仏陀は一人だけであるとされた。

釈迦は自分の教説のなかで輪廻を超越する唯一神(主宰神、絶対神)の存在を認めなかった。その一方、経典のなかでは、従来は超越的な「神」(deva, 天部)としてインド民衆に崇拝されてきた存在が仏陀の教えに帰依する守護神として描かれている。

参考:Wikipedia

ブッダの名言集

何処で、誰から産まれたのかを問うのではなく、あなたが何をし、これからどうしようとしているのかを、問いなさい

仕えるに値する者にのみ仕えるがよい

実力もないのに他人の批判ばかりをしてはならぬ

快楽より悲しみが起こり、快楽より怖れが起こる。快楽より解脱したる人間にとりては、もはや悲しみも怖れもなし

おのれを抑えることと、多くしゃべらずにじっと考えることは、あらゆる束縛を断ち切るはじめである

教えればできるようになる。教わればできるようになる。というのは思いこみだ。まして除霊・浄霊というのはどうだろうか。その魂が悟らなければならない

人間の身を受けることは難しい。死すべき人々に寿命があるのも難しい。正しい教えを聞くのも難しい。もろもろのみ仏の出現したまうことも難しい

誠あり、徳あり、慈しみがあって、損なわず、慎みあり、みずから調え、汚れを除き、気をつけている人こそ「長老」と呼ばれる

執着があればそれに酔わされるのだ。それゆえに、ものの姿をよく見ることができない。執着を離れるとモノの姿をよく知ることができる。だから執着を離れた心に、ものはかえって生きてくる

日は昼に輝き、月は夜照らす。武士は武装をして輝き、道を求める人は、静かに考えて輝く。池に開く蓮のように

「因果関係によってつくりだされたすべてのものは無常である(諸行無常である)」と、智慧によって見るとき、人は苦しみを厭い離れる。これが人が清らかになるための道である

大工は木をまっすぐにする。弓師が矢を矯め直す。賢い人は心をととのえ、人を導く。溝造りの職人たちは水を導くように

飲み友達なるものがある。きみよ、きみよと呼びかけて、親友であると自称する。しかし、事が生じたときに味方となってくれる人こそ、友だちなのである

眠られない人に夜は長く、疲れた者に道は遠い。正しい教えを知らない人に、その迷いは長い

自分の心をよく観察して、貪欲と憂いを取り除きなさい

例え『これは自分のものだ』このように思っても死ねば失う。『自分のもの』という幻想に負けてはいけない

容姿や行動で人を知ることは出来ない。しっかりした丹精にしたてられた絹をまとう人の中にも慎みのないひとはたくさんいる

見られた、聞かれた、識別されたことは、識別されただけのものであると知ったならば、苦しみは終わる

親の義務とは、子を悪から遠ざけ、善に入らしめ、技能を習学させ、適当な妻を迎え、適当な時期に相続させることである

世に母を敬うことは楽しい。また父を敬うことは楽しい