西暦1900年代の偉人

【ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ネルソン・ホリシャシャ・マンデラとは

ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ(コサ語: Nelson Rolihlahla Mandela、1918年7月18日 - 2013年12月5日)は、南アフリカ共和国の政治家、弁護士である。

南アフリカ共産党中央委員、アフリカ民族会議議長(第11代)、下院議員(1期)、大統領(第8代)を歴任。若くして反アパルトヘイト運動に身を投じ、1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受ける。27年間に及ぶ獄中生活の後、1990年に釈放される。翌1991年にアフリカ民族会議(ANC)の議長に就任。デクラークと共にアパルトヘイト撤廃に尽力し、1993年にノーベル平和賞を受賞。1994年、南アフリカ初の全人種が参加した普通選挙を経て大統領に就任。民族和解・協調政策を進め、経済政策として復興開発計画(RDP)を実施した。1999年に行われた総選挙を機に政治家を引退した。

参考:Wikipedia

ネルソン・ホリシャシャ・マンデラの名言集

人間として、何もせず、何も言わず、不正に立ち向かわず、抑圧に抗議せず、また、自分たちにとってのよい社会、よい生活を追い求めずにいることは、不可能なのです。

あなたが遠慮しても世界の役には立たないのだ。まわりの人が気後れしないようにと、あなたが身を縮めることは何の美徳でもない。

私は学んだ。勇気とは恐怖心の欠落ではなく、それに打ち勝つところにあるのだと。勇者とは怖れを知らない人間ではなく、怖れを克服する人間のことなのだ。

成功するために大切なのは、どこから始めるのかではなく、どれだけ高く目標を定めるかである。

遺恨の念は、毒を飲んでおきながら、それが敵を殺してくれると期待するようなものだ。

大きな山に登ってみると、人はただ、さらに登るべきたくさんの山があることを見出す。

真の和解はただ単に過去を忘れ去ることではない。

私は自由への長い道を歩んできた。つまずかないように努めてきた。途中、道を踏み外すこともあった。しかし私はある秘密を発見した。大きな山に登ってみると、人はただ、さらに登るべきたくさんの山々があることを見つけるのだと。私はそこで少しのあいだ腰を下ろし、私を取り巻く燦然たる眺めを盗んだ。私が歩んできた道のりを振り返りもした。しかし私が休めるような時間はほんのひとときしかない。自由には責任がついてくる。そしてここに居座るわけにはいかない。

何事も成功するまでは不可能に思えるものである。

勝利をつかむその日まで、一歩ずつ、着実に進んでいきます。

まず何よりも、自分に正直でありなさい。

自分自身を変えなければ、社会に影響を与えることなど決してできません。

偉大なピースメーカーはいずれも、誠実さと正直さ、そして謙遜さを兼ねた人たちです。

我々は自分に問いかける。自分ごときが賢く、優雅で美しく、才能にあふれた素晴らしい人物であろうはずがないではないか?だが、そうあってはなぜいけない?

私たちは、私たちのうちなる神の栄光を証明するために生まれてきた。それは、限られた何人かにうちにだけあるのではない、すべての人のうちにある。

こんな言葉がある。刑務所に入らずして、その国家を真に理解することはできない。国家は、どのように上流階級の市民を扱うかではなく、どのように下流階級を扱うかで判断されるべきだ。

裁判とは、心の強さが試される闘いであり、道義を守る力と道義にそむく力とのぶつかり合いなのだ。

人種差別は魂の病だ。どんな伝染病よりも多くの人を殺す。悲劇はその治療法が手の届くところにあるのに、まだつかみとれないことだ。

教育とは、世界を変えるために用いることができる、最も強力な武器である。

生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。

次のページへ >

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5